84kgから48kgにやせてよかった!そんな私の人生体験記

痩せるまでの体験と痩せたことによる変化、さらにはその後の人生で体験した様々なことを紹介します。

バーベキューでできる野菜レシピ、おすすめの下ごしらえの方法や美味しい焼き方も紹介します

      2019/04/17

バーベキューと言えば、肉や海産物がメインになりますよね。
ついついメイン食材ばかりに意識を向けてしまいますが、美味しくメイン食材を楽しむためにも野菜も取り入れるのがおすすめです。
おすすめの野菜レシピ、野菜の下ごしらえの方法や美味しい焼き方を紹介します。

スポンサーリンク

バーベキューにおすすめの野菜レシピ

野菜の丸焼き

シンプルですが、バーベキューでやるからこそ楽しめる野菜の美味しさがあります。
丸ごと焼くという簡単なものでレシピというほどのものではありませんが、家ではなかなかできないのが丸ごと焼くことなため、おすすめレシピです。
丸焼きの美味しい焼き方については、後程紹介します。

おすすめの野菜食材
ナス
さつまいも
じゃがいも
ニンジン
かぼちゃ
とうもろこし
ねぎ
アスパラガス
ピーマン
にんにく
タマネギ(新タマネギのシーズンは、新タマネギもおすすめ)
しいたけ(肉厚がおすすめ)
枝豆
そら豆
トマト

野菜スティック

お好みの野菜をスティック状などにして、マヨネーズなどディップできる調味料を用意するだけの簡単レシピです。
何もつけずにそのままでももちろん大丈夫です。

おすすめの野菜食材
ニンジン
きゅうり
ダイコン
エシャレット
セロリ
葉生姜
ミニトマト

エシャロット

きのこのホイル焼き

お好みのきのこをアルミホイルで包んで焼きます。
味付けは、お好みですが、私はバター、しょうゆ、こしょうが定番です。
時々、乾燥バジルもふって、洋風よりな味付けにすることもあります。

漬け物

レシピということではないと思いますが、漬け物もあると箸休めになって、便利です。

サンチュ、レタス

これもレシピではありませんが、あると便利なおすすめ野菜食材です。
これは、お肉を巻いて食べるときに活躍します。

サンチュ

バーベキューのときの野菜下ごしらえのコツ

バーベキューで野菜食材を取り入れるとき、下ごしらえをしておくと良いことがあります。
どんなバーベキュー食材でも言えることですが、下ごしらえをすることによって、バーベキューがしやすくなることがあるため、面倒に思わず、下ごしらえをしておくことをおすすめします。

基本的な野菜の下ごしらえとして、「家で事前にやっていけることはしていくこと」が大事です。
野菜の下ごしらえを現場で実施しようとすると、肉と違って、皮などのゴミが出やすくなります。
ゴミの処理が面倒になるため、家でできることはしておくと良いです。
土がついている食材であれば、綺麗に洗って持参するのも忘れずにしておくのが良いです。
切って持参できるものであれば、調理するときにすぐ使えるように野菜をカットして、ジップロックなどの袋や容器などに入れて準備しておくと便利です。
野菜スティックは、切っておくと乾燥が心配だと思いますが、気になる場合は、食べる前にさっと氷水に入れるとしゃっきり感が回復します。

スポンサーリンク

個人的な感覚ですが、下ごしらえがほとんど不要なレシピを取り入れるのもバーベキューではおすすめです。

バーベキューでできる美味しい野菜の焼き方

先ほど紹介した野菜レシピの中から、野菜丸ごと使った丸焼きの焼き方についてお伝えします。

とうもろこし

皮つきのままのとうもろこしを丸焼きするのがおすすめです。
皮つきのとうもろこしを丸ごと焼くと、皮があることでとうもろこしがいい感じで蒸し焼きになり、甘みが強いとうもろこしの丸焼きができます。
家でしておくと良い下ごしらえは、ひげの除去です。
とうもろこしのひげは、手でむしってもいいですし、はさみなどでカットしても大丈夫です。
そして、焼く前に皮を濡らして、そのまま炭火で焼きます。
皮の上から、手で触って、とうもろこしが柔らかくなっていたらできあがりです。
ゆでたとうもろこしを醤油で焼いていく、焼きトウモロコシとは違う美味しさが味わえて、おすすめです。

じゃがいも

綺麗にあらった皮つきのじゃがいもをアルミホイルで包みます。
そして、炭火の中に入れます。
火加減にもよりますが、私は1時間ぐらい焼いています。
焼きあがったじゃがいもにナイフやキッチンばさみで切れ目をいれて、バターと塩をかけて食べると美味しいです。
もし、ダッチオーブンがあれば、ダッチオーブンに洗った皮つきのじゃがいもをそのまま入れて、1時間弱ぐらい焼いて食べるのもおすすめです。
私は、ローストポークと一緒にじゃがいもの丸焼きを楽しむことが多いです。

じゃがバター

なす

なすを炭火に入れて、なす全体が柔らかくなるまで焼きます。
そして、皮をむいて、お好みの味付けで食べると美味しい焼きナスができあがります。
私は、しょうがと醤油で食べるか、ポン酢が好きです。
家で下ごしらえをしておくならば、なすのへたの下部分をくるっと包丁で切れ目を入れておくことです。
切れ目を入れておくことで皮がむきやすくなります。
切れ目を入れなくても皮はむけるため、私は面倒な時は何もしていません。

焼きナス

バーベキューでできる野菜レシピのまとめ

バーベキューでは、お肉などこってりしたものが多くなります。
お肉ばかりでは、ヘビーになりすぎて、食べ進みにくくなりがちです。
そんなとき、活躍してくれるのが野菜です。
バーベキューでは、下ごしらえも簡単で、美味しく食べられる野菜レシピがおすすめです。
シンプルでも、上手に焼けば、野菜がぐっと美味しくなります。

スポンサーリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ , ,