スポンサーリンク

子どもには、様々な体験をさせてあげたいと思いますよね。
我が家の子どもは、2歳になり、天気などは関係なく、「すぐ〇〇へ行きたい」ということが多くなりました。毎回希望をかなえてあげることは出来ませんが、たまにはお出かけもいいものです。
フルーツが大好きな子どもなため、果物狩りへ行くことが多いです。
キウイフルーツカントリー

今回は、子どもの大好きなフルーツを楽しめて、さらに動物とふれあい体験をしようと思い、掛川市にあるキウイフルーツカントリーへ行ってきました。
親としては、動物とふれあい体験をしてもらいたいと思いますが、怖がりの子どもは動物に触ることは凄く苦手です。
動物園は行けても、動物園のふれあいコーナーは立ち入れない我が子のため、ふれあい目的で行こうとすると立ち入らないため、好きなことと一緒に行ってしまうのがちょっとした作戦です。

静岡県掛川市にあるキウイフルーツカントリー

キウイフルーツカントリーでは、時期によりキウイフルーツ狩りができます。
キウイは、追熟が必要な果物のため、いちご狩りなどのようにその場で自分の収穫したくものを食べることは難しいです。
そのため、収穫したものはg売りされていて、持ち帰って追熟させて食べるスタイルです。

その場で食べたいのが子どもの気持ちですが、その点は大丈夫です。
収穫体験をしなくても、ここでは追熟させてくれてある食べごろのキウイフルーツが食べ放題です。
訪れるタイミングで食べられるキウイが変わっています。
キウイフルーツカントリー
キウイは、一か所にまとめておかれていて、入園料に食べ放題料金が含まれています。
大人(中学生以上)1,300円
小人(3歳以上)1,000円
という入園料だったため、2歳の我が子は無料で楽しんできました。
3歳の誕生日が近かった時期だったため、無料では申し訳ないと思うほど、我が子はたくさんのキウイを食べていました。
キウイの食べ過ぎでおなかを壊さないか心配しましたが、大丈夫でした。
キウイフルーツカントリー
プラスチックのナイフとスプーンを子どもの分含めていただきました。
ちょっと大人の手助けが必要でしたが、子どもでも、キウイを半分にカットして食べられました。
手洗い場がありますが、子どもはすぐに手や口が汚れるため、お出かけ用品で持ち歩いているウェットティッシュが役立ちました。
キウイ大好きでキウイばっかり食べて満腹になっていた子どもですが、園内お弁当の持ち込みも許可されているため、お弁当を持ち込んで、園内散策しつつ、キウイを楽しむという楽しみ方もできます。
ベビーカーで入ることもできるため、0歳の子どもはベビーカーで入園しました。

おなかが満たされたあとは、子どもの苦手な動物ふれあい体験を誘ってみました。
うさぎ、ヤギがいて、野菜スティックのエサやり体験もできるようになっています。
何回かエサやり体験を経験してきて、いつもできない子どもが「うさぎさんのエサ欲しい」といいました。
今回はどうだろうなと思って、エサを買ってみると、結果はこれまでと同様に自分ではできず、「やって!」と頼んでくる状況でした。
えさやり大好きな子どもには、動物の種類や数が動物園ほどはいないため満足できないかもしれませんが、動物も見られるのは子どもにとって良い刺激になります。

スポンサーリンク
おすすめの記事