スポンサーリンク

温泉が好き、でも家族で一緒に楽しむには男女一緒に楽しめないと困る!
そんな思いから、静岡で水着で入れる温泉施設を探してみました。
水着エリアがある温泉施設ってありそうだけど、少ないんですよね。
静岡では、「大江戸温泉物語 天下泰平の湯」で水着で楽しめる露天風呂エリアがありました。
期間限定ではありますが、どんな感じなのか体験談を紹介します。

スポンサーリンク

大江戸温泉物語は、全国様々な場所に系列施設があります。
ホテル、旅館、日帰り温泉施設と施設のタイプも様々です。
2003年に温泉テーマパークをお台場にオープンしたことを皮切りに営業を展開しています。
そんなこともあり、温泉を楽しむということをテーマとした場所が多く、温泉好きな私にとって興味がそそられるスポットばかりです。

今回は、夏に楽しむ、男女で楽しむ温泉スポットということで大江戸温泉物語の施設に行ってみることにしました。

2016年に行ってみた様子です。
2017年は、7月22日(土)~9月3日(日)の10時~19時で期間限定営業がされています。

「大江戸温泉物語 天下泰平の湯すんぷ夢ひろば」
まず、気になるのは、施設の場所ですよね。
海に近い場所で、ドライブしながら訪れるには気持ちが良いエリアです。

最寄り駅となる静岡駅および清水駅から車で25分程度の距離の場所にあります。
静岡駅南口からは、無料シャトルバスが運行されています。
本数は多くないため、事前にホームページを見て、確認しておくのがおすすめです。

シャトルバスの時刻表

立地を考えると、自家用車などで行く人が多いと思います。
東名静岡ICから約15分
東名清水ICから約20分

新東名を使った場合、新静岡ICでおりる場合もあると思います。
新静岡ICから約40分ですが、静岡の中心部をまたぐため、混雑する可能性が高いです。
他に観光する場所にもよりますが、東名高速道路利用の方が便利だと思います。

150号線を利用し、150号線から曲がって山側にある施設に向かう形となります。
分かりやすい信号機は、「古宿」という交差点です。
看板も表示されていますので、看板も目安に向かってみてください。

駐車場は、無料461台が用意されています。
天下泰平の湯 駐車場
2016年に訪れたときは週末の昼過ぎでしたが、駐車場は困ることなく利用できました。
入り口から近いエリアは埋まっていましたが、満車ではありませんでした。

続いて、施設の様子です。
大江戸温泉物語 天下泰
露天風呂ゾーンの営業時間は、先ほどもお伝えした通り10時~19時です。
短いと思うかもしれませんが、その他の温泉エリアは6時~23時と長く営業されています。
日帰り入浴の場合は、最終入場が22時となっています。

料金は、
平日 大人(中学生以上)700円、小学生 400円
土・日・祝 大人(中学生以上)900円、小学生 400円
露天風呂エリア利用目的時は、関係ありませんが、朝風呂のみ、6~9時利用の場合は、500円です。

岩盤浴を利用する場合、別途料金が300円必要になります。
岩盤浴エリアも男女一緒に楽しめます。

泉質は、カルシウム・ナトリウム・塩化物冷鉱泉(高張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)だそうです。

露天風呂ゾーンは、温泉入浴エリアから通路を抜ける形で利用できます。
更衣室は、お風呂エリアと同じ場所にあります。
そのため、途中で服に着替える手間はなく、水着エリアと裸エリアと行き来できるようになっています。

水着エリアの方向は、案内表示を見れば分かります。
間違っても、裸で外へ出ないように気を付けたほうが良いですが、案内見ていれば大丈夫だと思います。

大江戸温泉物語 フロアマップ

露天風呂エリアは、当初もっと広いのかなとイメージしていました。
実際利用してみると、広さはそれほどではなく、温泉が入っていないエリアもありました。
家族連れで楽しんでいる人が多かったです。
子どもはプールを利用している感覚ですね。
景色が堪能できればと思いましたが、山はよく見えますが、海は期待できない感じでした。
また、露天風呂エリアは水温も低いため、感覚的には温泉というよりプール的です。
温かい温泉でまったりしたい人にとっては、不満かもしれません。
でも、男女交えて、外でまったりした時間を過ごせるのは嬉しいところです。
全ての場所が日陰になっているわけではないため、場所によっては熱いため、そこは要注意です。

露天風呂エリアを楽しんだ後、普通の温泉エリアを利用しました。
温泉は広々として、少しずつ雰囲気が変わっています。
洗い場の数はそれなりに揃っているため、混雑時以外は普通に利用できそうな感じでした。
2週間ごとに泉質が入れ替わる場所もあります。
自然薬草風呂は、刺激が強いためご注意くださいと案内がされています。
利用してみると、薬草のにおいがなかなか強めでした。
全体を通して、和風な作りです。

温泉を楽しんだ後は、休憩エリアでまったりして帰りました。
なぜか懐かしいファミコンが置かれているのには驚きました。
天下泰平の湯 ファミコン
普通のプールでいいじゃんという結果になる人もいるかもしれませんが、使い方によっては便利な施設だと思います。
興味がある人は一度訪れてみてください。

また、周辺の観光も満喫しながら、利用するのもおすすめです。
久能山東照宮、日本平動物園、美保の松原あたりが、近くの観光スポットとして使いやすいと思います。

私はプラネタリウムも好きなため、ディスカバリーパーク焼津でプラネタリウムを楽しむ流れもいいかなと思います。

⇒天下泰平の湯周辺の観光スポット

スポンサーリンク
おすすめの記事