スポンサーリンク

一昔前のバーベキュー場では
新聞紙を丸めて火種にして
うちわでおいで火につける
という姿があちこちで見られました

最新のバーベキュー事情では
炭や道具が進化して火おこしが
一昔前に比べるとかなり
簡単になっています

一番進化したものといえば
なんといっても炭です

スポンサーリンク

バーベキューで使う炭の種類

一般的に使われているのが
ナラ炭、切炭などと呼ばれる黒炭です

火付きがよく高火力なので
広く使われています

ただし安価な木炭は大きさがまちまちで
使いにくかったり未炭化のものが含まれていて
嫌なにおいがすることもあります

炭の代表としてよく名前が出てくる
備長炭はカシを原料とする白炭と
呼ばれる種類で火持ちが
いいことで有名です

しかし火付きがとても悪く
バーベキューにはあまり適していません

成型炭と呼ばれる炭はおがくずなどを
圧縮加工したものを炭にしたり
木炭粉を圧縮整形したものです

備長炭のように硬く作られたものがあり
こちらも火おこしに時間がかかるので
ビギナーは避けたほうがいいです

他にも避けた方が良いものといえば豆炭です
石炭を主原料とした丸く成型された
古くから日本にある炭です

石炭が主原料なので石炭臭があり
バーベキューに使うと食材ににおいが
ついてしまいます

ただし製品名に豆炭と付いていても
木炭を主原料にしたものもあります

パッケージの主原料に木炭と書かれていれば
バーベキューに使える炭です

さらに最近のバーベキュー事情で
一番進化した炭が着火加工成型炭です

着火加工成型炭は木炭粉などを成型して
作った炭に着火剤を含ませたものです

着火加工成型炭のメリット・デメリット

着火加工成型炭のメリットは
なんといっても簡単に着火できることです

さらに木炭のようにはぜたりしないので
安心して使えます

ただし他の炭と比べ価格が高いです
また湿気ると着火剤成分だけが燃えて
炭に火がつかないこともあるので
保管には十分注意しましょう

簡単に着火できるまさに手間いらずの
炭が着火加工成型炭です

圧縮成型した炭に着火剤を含ませたもので
ライター1つで火が起こせます

この炭は形状によって

  • 蜂の巣型
  • ちくわ型
  • 豆炭型
  • もなか型
  • に大別できます

    ハチの巣型は大型で一般的な大きさのグリルなら
    2-3個あれば十分に楽しめます

    ちくわ型や豆炭型は小型なので
    炭を足したり抜いたりすることで
    細かい火力調整が可能となります
    火加減が重要なダッチオーブン料理に最適です

    もなか型は好きな大きさに切って
    使うことができるので
    中間型といったところです

    種類は大きく分けると4タイプです
    ハチの巣型

    蜂の巣のような穴が火力を均一にします
    卓上バーベキューグリルならこれ1つで充分です

    ちくわ型

    グリルの大きさや形状問わない
    小さめなタイプです
    チクワ状で軽くも高いです

    豆炭型

    豆炭のような形をしたタイプです
    ダッチオーブン調理にも使いやすい形状です

    モナカ型

    着火剤を含んだ外側のケースに
    火をつけて内部の隅に着火するタイプです

    いずれにしてもこれらの炭は薄型なので
    火床から焼き網までの距離が短いグリルでの
    使用がお勧めです

    グリルが深いと理想の火力が得られないので
    その辺も考えて楽しみましょう

    バーベキューに必要な炭の量の目安

    バーベキューを楽しむための炭の量の
    目安は一人当たり約1kgです
    人数に応じて罪を準備しましょう

    一般的なバーベキューグリルで
    1時間バーベキューを楽しんだ場合
    炭の量は一人当たり約1キロを目安にしましょう

    人数によって炭の量の目安は
    2-3人で2キロ
    4-5人で3キロ
    6-8人で5キロ
    です

    ただし炭の火持ちによっても
    量は変わってきます

    ⇒バーベキュー特集記事のまとめ

    スポンサーリンク
    おすすめの記事