84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

五平餅の作り方や焼き方を知れば家でも簡単に食べられます!

   

五平餅は日本らしい食べ物で美味しいですよね。
山の方へ出かけると、様々な味、形の五平餅に出会えます。
家でも簡単に作れたらと思って、作り方や焼き方を調べて挑戦してみました。

スポンサードリンク

五平餅の作り方や焼き方を知れば家でも簡単に食べられます!

五平餅は、ご飯とたれ、串があれば出来ます。
まず、ご飯の準備です。
ご飯は、炊き立ての必要はありません。
冷凍ご飯を温めて使っても良いし、冷やご飯でも可能です。
でも、温かい状態のご飯の方が潰しやすいです。

ご飯をつぶす作業です。
いわゆる半殺しという状態までご飯をつぶします。
つぶす方法としては、すりばちに入れてすりこぎでつぶすのも良いです。
今回は、この方法でつぶしました。
道具を出すのが面倒であれば、ビニール袋などにご飯を入れて、手でつぶしてしまうのも良いです。

ご飯がつぶれたら、五平餅にしていきます。
五平餅用の串も売られていますが、割りばしで十分出来ます。
割りばしにご飯をつけて、好みの形にします。
手にご飯がくっついて大変なことになるため、お水などを手につけて作業すると楽です。

もうひと作業が、五平餅のタレ作りです。
タレは、お好みで調整可能です。
今回は、味噌ベース、ごま入りです。

味噌と砂糖1対1を基本とし、ごまを入れてみりんでのばせば出来上がりです。
材料をきちんとはからず、適当にやったため、今回味噌の割合が多くて辛くなってしまいました。
タレたっぷりが美味しい五平餅ですが、あまりつけすぎると塩分過多になりますので要注意です。
お好みでくるみなどナッツ類を入れても美味しく出来ます。
醤油ベースが好きであれば、砂糖醤油のタレでもよいと思います。

スポンサードリンク

ご飯とタレの準備ができたら、焼いていきます。
五平餅の焼き方としては、焦がしすぎに注意ですね。
今回は、バーベキューではなく、家で調理だったため、活用したのは魚焼きグリルです。
焦げ防止のため割りばしにアルミホイルをまいています。

魚焼きグリルで表面に軽く焼き色がつくまで、両面を焼きます。
適度に焼けたら、タレを塗り、タレが少しふつふつするまで焦がさず焼いたら出来上がりです。

今回、ご飯1合で4本の五平餅を作りました。
2回にわけて焼きましたが、1回目はタレをつけてから放置しすぎて、すっかり焦げちゃいました。

2回目は、上手に焼けました。
ご飯を成形するときに、真ん中ふんわりにすると、周辺はパリッとせんべい系、真ん中はふんわりもっちりという差が大きくなって味わえます。
全体を一定の厚さにご飯を作ると、だいたいどこを食べても同じ感じで焼き上がる印象です。

余ったご飯でも出来ますので、五平餅の好きな人は一度作ってみてください。
案外簡単に美味しく出来上がります。
バーベキューで焼きおにぎりも良いですが、五平餅にしてみるのもおすすめです。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ