84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

バーベキューにデザート簡単手作りプリン|ダッチオーブンを使った作り方

      2017/03/18

バーベキューでは、食後のデザートまで準備するのはなかなか大変です。
デザートは諦めてしまうかもしれませんが、プリンも簡単にできます。
ダッチオーブンを使った手作りプリンの作り方を紹介します。

スポンサードリンク

バーべキューのデザート簡単手作りプリン!材料と下準備編

プリンがバーベキューで出来るなんて素敵ですよね。
作ってみたら、案外簡単だったのにも驚きでした。
まずは、バーベキューで作るプリンの材料と下準備について紹介します。

材料は、シンプルです。
◎卵 2個
◎砂糖 1/4カップ
◎牛乳 250㏄
◎ラム酒(なくても良いです)

カラメルソースを作らなくて良ければ、材料はこれだけで出来上がります。
家に日ごろからある材料でできることも嬉しいですね。

カラメルソースも作る場合は、次の材料も追加です。
◎砂糖 大さじ3
◎水 大さじ1
◎湯 大さじ2

バーベキューの場合、家である程度下準備しておくのがおすすめです。
下準備しておけば、余計な材料や調理道具は持参しなくても済みます。

材料が準備できたら、次は下準備です。

1.卵、砂糖、牛乳をボールなどに入れてよく混ぜます。

2.混ぜたらザルなどでこして、タッパーなどの保存容器に入れます。

カラメルソースを作らなければ、ここまでの工程で終了です。
プリンだからカラメルソースがやっぱり必要と思えば、次を参考にしてみてください。

3.耐熱容器に砂糖、水を入れます。

4.混ぜたら電子レンジ500wで4分加熱します。

5.やけどに注意しながら取り出したら、少しゆすって泡ぶくぶくを落ち着かせながら、色を確認します。

6.色が薄かったら、10秒ずつ加熱します。

7.いい感じの色に仕上がったら、お湯を入れて出来上がりです。

今回は、牛乳パックを使ってプリンを作ることにしました。
そのため、出来上がったカラメルソースは牛乳パックへ流し入れておきました。
カラメルソースはなかなか加減が難しくて、かたまりやすい印象です。
そのため、早めにプリンの型に流しいれています。
いつもより失敗した感じのカラメルソースになったため、牛乳パックへ流しいれてすぐに固まってしまいました。
失敗したかなと思いつつ、再度挑戦する時間もなかったため、気にせずバーベキューへ行きました。
固まったおかげで、牛乳パックから垂れることもなく、持参できたのは幸いでした。
固まるのが心配であれば、スキレットなどを使ってその場で作るのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

プリン 牛乳パック

牛乳パックですが、一つの側面を切り取り、注ぎ口の部分はホッチキスで止めれば出来上がります。
牛乳パックは軽いし、食べ終わったらそのまま捨てられます。
また、容器にバターを塗る等の作業をしなくても、問題ないのが牛乳パックを使うメリットですね。

バーベキューのデザート手作りプリン!ダッチオーブンを使った作り方

いよいよプリンの仕上げです。

1.ダッチオーブンに水を入れます。
今回は底上げしつつ、アルミの容器の中に水を入れました。

2.水が沸騰するまで待ちます。

ダッチオーブン プリン

3.カラメルソースを入れた牛乳パックにプリンの液を注ぎ入れます。

4.水が沸騰したら、牛乳パックをダッチオーブンへ入れて蓋をします。

5.蓋の上にも炭をのせて、15分ほど蒸せば出来上がりです。

バーベキュー デザート プリン

初めて作ったときは、上火を使わなかったため、プリンが全然固まりませんでした。
いつも下火もそこまで強くしないため、上火を入れた方がうまくできる感じがしています。
表面はブツブツしていますが、バーベキューですから細かいことは気にしません。
問題は味です。
固まっていたカラメルソースはすっかり溶けました。
砂糖をいつも減らそうと思いつつ、微調整を忘れるため、今回も甘いプリンでした。
プリンの表面は少しかため、中はトロッとした出来上がりです。
バーベキューのデザートとしては、十分満足できる仕上がりでした。

⇒バーベキュー特集記事のまとめ

スポンサードリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ ,