84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

クリスマスにお菓子の家(ヘクセンハウス)キットを子どもと一緒に挑戦!

   

クリスマスは日本人でも親しみのあるイベント日。
多くの人が色々な楽しみ方をしていますよね。
今年はどんなクリスマスにしようかと思っている人
お菓子の家(ヘクセンハウス)キットに挑戦してみてはいかがでしょうか?
キットを使えば、子どもと一緒に楽しむことができます。

スポンサードリンク

クリスマスにお菓子の家(ヘクセンハウス)キットが便利

お菓子の家(ヘクセンハウス)は、作るのは難しそうですよね。
確かに最初からすべて自分でやろうとしたら、難しいものです。
難しいからこそ、様々なところでキットが販売されています。

キットを使えば、日頃お菓子作りをしていなくても、お菓子の家はできあがります。
私が使ったキットは無印良品で販売されているものです。

無印 生地からつくる ヘクセルハウス

無印良品って、お店に見本が展示されていること多いですよね。
展示されているものが上手に作られていたため、自分もそれぐらいできると思っていました。
でも、実際には手作り感あふれる感じで出来上がりました。

お菓子の家

それでも、家らしく出来上がったところを見ると、キットのおかげだと思います。
キットで便利なこととしては、
型紙が元々入っていること
材料の準備、計量の手間が少ないこと

この2つが大きいですね。

型紙を切るのが結構大変だったわけですが、型紙を作るところからだと思うと私には限界そうです。
バランスも難しいでしょうし、お菓子の家とはいえ、形にならなければ家が崩れます。
キットを使って、楽をしつつ、家を確実に作り上げるための力を得ると良いです。

スポンサードリンク

お菓子作りは、材料の計量が大切です。
計量がいい加減になると、予想以上に大きな失敗へつながることもあります。
そんな計量の作業がキットを使うと、楽ができます。

初めてお菓子の家を作る人
日頃お菓子作りをしないけど、挑戦したい人
確実にお菓子の家を作りたい人
そんな人はお菓子の家のキットがおすすめです。

⇒お菓子の家(ヘクセンハウス)キットの作業工程について

クリスマスにお菓子の家(ヘクセンハウス)キットを使えば子どもと楽しめる?

せっかくならば、子どもと一緒にお菓子の家づくりをしたいと思う人もいますよね。
キットを使えば、子どもと一緒でも楽しめますよ。

今回、友達の子どもが気が向いたときに手伝ってくれました。
お菓子の家づくり以外にもいろいろとクリスマスパーティーの準備をしていました。
そんなこともあり、2歳の子どもはオーナメント飾りのほうが夢中でした。
お菓子の家づくりで手伝ってくれたことは
「クッキー生地を混ぜる」
「家を組み立てる」
「粉糖をかける」
この辺りの作業でした。

子どもって、興味を持てば一生懸命やってくれますよね。
また、子どもの性格が作業にあらわれて、面白いものです。
基本的には子どもができる部分をおまかせして、大人がサポートする形になると思います。

キットを使えば、そもそも失敗することは減ります。
作業工程も少なくなる面があります。
子どもと一緒に多少時間がかかっても、大丈夫です。

結果的には大人から見たら、子どもがした作業量は少ないです。
でも、自分が作ったおうちができたと喜ぶ姿は微笑ましいですね。
子どもと一緒にお菓子の家づくりもキットを使えば、可能です。
興味がある人は、ぜひ作ってみてください。
子どもだけでなく、大人も夢中になれる作業で、出来上がったときの達成感は高いです。

クリスマスのお菓子の家(ヘクセンハウス)キット体験談から

キットを使うことによって、夢が実現できます。
お菓子の家が自分でできるなんて、素敵ですよね。

もちろん出来上がった家は、食べられます。
ついつい大事にしたくなりますが、時間が経つとクッキーが湿気ます(笑)
美味しく食べたければ、思い切って崩す勇気も必要です!

思い切って挑戦してみて良かったと思っています。
毎年違った楽しみ方をしたい私としては、家づくりが定番化しないかもしれません。
でも、機会があれば、もっと素敵な家づくりに挑戦してみたいと思います。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭・季節行事, 料理・グルメ