84kgから48kgにやせてよかった!そんな私の人生体験記

痩せるまでの体験と痩せたことによる変化、さらにはその後の人生で体験した様々なことを紹介します。

きのとやのチーズタルトをお土産にしたい!値段や賞味期限、美味しい食べ方は?

   

札幌スイーツで有名なお店の一つが「きのとや」ですよね。
一番有名なスイーツがチーズタルトで、新千歳空港にもお店があります。
お土産にできるかどうか考えたとき気になる値段や賞味期限についてお伝えします。

チーズタルト きのとや

スポンサーリンク

きのとやのチーズタルトの値段

きのとやのチーズタルトは、1個から購入することができます。
値段は、1個183円(税込)、6個入りは1,080円(税込)です。
数が多くてもいいのであれば、6個入りの方が1個あたりの値段は安く購入できます。
6個入りは、箱に入っているため、持ち運びもしやすくなります。
大量に購入すると、1個あたりの価格はそれなりにするため負担が大きいですが、少人数用であれば購入しやすい値段ではないかなと思います。
新千歳空港店限定で販売されているブルーベリーチーズタルトは、1個216円(税込)、6個入り1,250円(税込)です。
見た目の印象としては、普通のチーズタルトと同じ感じですが、チーズムースの下にブルーベリージャムが入っています。
通常のチーズタルトより少し値段が高くなりますが、通常のチーズタルトは定番すぎるからちょっと違うものがいいという人にはおすすめです。

チーズタルトの賞味期限

お土産として購入する場合、気になることが賞味期限ですよね。
日持ちするかどうかというのが、お土産としては心配になると思います。
お店からの案内では、購入当日、常温で食べることがおすすめされています。
すぐに食べられない場合は冷蔵庫に保存し、要冷蔵の状態で3日間とされていいます。
生もののため、賞味期限はやっぱり短いですね。
自分ですぐ食べるためにお土産として購入する場合は良いですが、人に渡す場合はすぐ手渡すことが難しければ、残念ながらお土産としては難しいのかなと思います。
新千歳空港店など焼きたてチーズタルトが販売されている店舗があります。
せっかく焼きたてを購入したら、やっぱりその日のうちに食べるのが美味しいということですね。
チーズタルトのサイズは大きくありませんし、食べやすい大きさのため、きっとすぐに食べてしまうと思いますが、人に渡そうと考える場合は賞味期限を気にするのがおすすめです。
日持ちが長いものをお土産にしたいという人は、他のものが良いと思います。
きのとやでは、チーズタルト以外にもバター感たっぷりのクッキーなどお土産に使える商品が販売されています。

スポンサーリンク

チーズタルト きのとや

焼きたてチーズタルトをお土産でおいしく味わう食べ方

焼きたてチーズタルトは、買ってすぐ食べるとタルトがサクサクで柔らかいチーズムースとあわさって美味しいです。
お土産として持ち帰った場合、買ってから時間が経った場合は、美味しさを焼きたてに近づける方法があるため、それを参考にして楽しむのがおすすめです。
美味しく食べる方法は、チーズタルトを購入すると案内文が入っているため、それを見れば大丈夫です。
サクサク感を味わいたいのであれば、オーブントースターで少し温めるのがおすすめとされています。
また、冷蔵庫で冷やすと、ムースが重くなり、レアチーズケーキのような食感が楽しめると案内されています。
ひと手間かかるかもしれませんが、あのサクサク感のあるタルトを味わいたいのであれば、トースターで少し温めると美味しくなります。

きのとやのチーズタルトをお土産にする場合のまとめ

きのとやのチーズタルトは、値段は手ごろですし、購入しやすい場所にお店もあるため、札幌旅行ではお土産に便利です。
でも、賞味期限が短いため、その点はお土産として考える場合は、考慮するのがおすすめです。
我が家は新千歳空港内でチーズタルトをお土産に購入して、機内へ持ち込んで大事に持って帰りました。機内では座席上の棚にのせましたが、自宅に帰ってもチーズタルトは無事でした。
北海道では多くの店でチーズケーキやチーズタルトが販売されています。きのとやのチーズタルトはホールではないため、ナイフでカットする手間もなく、すぐに食べられるため、その点も便利です。
お店へ訪れるタイミングなどによっては、混雑しているかもしれませんが、ぜひ一度立ち寄って味わってみてください。
気に入ったら、オンラインショップで冷凍された焼きたてチーズタルトを購入することもできますよ。

スポンサーリンク

 - 料理・グルメ, 旅行 ,