84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

海外旅行2泊3日、3日間でも楽しめる国|羽田発台北旅行

   

海外旅行をしたくても、日数に限りがあって、
なかなか海外旅行が出来ないこともありますよね。
少ない日数、2泊3日、3日間程度でも
楽しめる国であれば、気軽に海外旅行ができます。
韓国も良いですが、今回は台北の紹介です。

スポンサードリンク

海外旅行 2泊3日(3日間)でも楽しめる国

海外旅行を短期間で楽しむには、

  • フライトの選択幅が多くあり、効率よく飛行機に乗れること
  • フライト時間が短いこと(近い国)
  • 観光地が効率よく巡れること
  • フリータイムも有効に活用できること

が、大切になります。

短期間の旅行を楽しむには、
費用だけでなく、フライトの出発や到着時間を
十分考慮し、滞在時間を確保することが大事です。

当然、フライト時間が短い国、
近場の国の方が、滞在時間が長くなります。

観光地としてある程度整備されていると、
効率よく観光地が巡れるツアーが多くあり、
目的や希望に合わせて、楽しめます。

ツアーもうまく活用したとしても
時間を全て有効に使おうとすると、
フリータイムが発生するため、
安全に自力で移動しながら、楽しめるとより便利です。

海外旅行2泊3日 羽田発台北旅行

実際、2泊3日で旅行したときの様子です。

台北は国際線が離発着できる空港が、2つあります。
今回は、中心部に近く移動時間が短い
台北松山空港を利用しました。
小さな空港で、町中に飛行機がおりる感じで
ちょっぴりドキドキです。

フライト時間は4時間程度でした。

ツアーで行ったため、
何か所かホテルを巡った形でしたが、
30分以内ぐらいにホテルへ着きました。

ホテルに到着してからは
自由行動でしたが、十分時間があったため、
地下鉄を使いながら、観光しました。

パワースポットとして有名な「龍山寺」です。
地下鉄からすぐ近くにあり、
建物も目立ち分かりやすいため、迷うことはありません。
独特の雰囲気が味わえて、カラフルな建物が楽しめます。
熱心にお参りしている地元の人がたくさんいます。

その後も地下鉄で移動して、
「台北101」へ行きました。

途中でマンゴーかき氷も堪能です。
2人で1つで十分な大きさで、
マンゴーたっぷり、氷はふんわりです。

かき氷

台北101

ちょうど夕飯時間となったため、
施設内のフードコートで夕飯にしました。
日本人でも口に合うメニューが多く、
安くて美味しく、便利でした。

台北101から見る夜景は綺麗でした。
夜景を楽しんだら、遅くなる前に
ホテルへ帰り、初日を終えました。

2日目は、バスで観光地巡りです。

「行天宮」でお祈りして、
占いもやってみました。

赤い三日月型の木片を投げ、裏と表の組み合わせが出れば成功です。
両方とも表や裏だった場合は、もう一度やり直しです。
日本のお参りに共通しているところもあり、
「自分の名前、生年月日、住所を告げること」が大事だそうです。

「忠烈祠」で微動だにしない衛兵に出迎えられ、
その後は、綺麗な行進を見て、整然とした様子に驚きました。

スポンサードリンク

そのあとは、「中正紀念堂」へ。
建物の大きさ、そして
中にいるブロンズの像の大きさに驚きます。

中正記念堂

その後は、「翠玉白菜」が見られる
「國立故宮博物院」で様々な展示物を見学です。
日本語の音声で案内が聞ける機械を
貸し出してもらえて、多くの展示物があっても理解しやすいです。

ランチは、日本でも楽しめる店ですが、
「鼎泰豐(ディンタイフォン)」で
美味しくてアツアツの小籠包を味わいます。

鼎泰豐(ディンタイフォン)

ランチ後は、お茶屋さんにも立ち寄り、
様々なウーロン茶を味わいました。

台北で最も古い問屋街と言われる
「迪化街」にも立ち寄りました。
本当にたくさんの店が密集していて、
色々なものが売られている通路には驚かされます。
観光客価格になっていることもあるため、
価格交渉はしてみる価値ありです。

そして、千と千尋の神隠しの参考にされたという
「九份」へ行き、途中で夕飯をとりながら、
夜の幻想的な風景を満喫です。
夜になると、グッとイメージが変わります。

最後は、「士林夜市」に立ち寄り、
そこからはタクシーでホテルへ帰りました。
フレッシュフルーツジュースを買って、
日本では考えられませんが、コップから溢れさせながら
美味しくいただきました。
お腹を壊すことはなかったです。

3日目の最終日は、フライトまで
自由時間だったため、地下鉄移動です。

まず、訪れたのは、女子旅にはオススメスポットです。
「霞海城隍廟」というお寺で、
縁結びのパワースポットと言われています。
既婚者でもご利益があると言われているため、
地元の人も含めて、女性がたくさん訪れています。
お参り方法は、分かりやすく記載されているため、安心です。

その後は、お土産をドラッグストアなどで買いながら、
スイーツも最後に楽しんで、ホテルへ戻りました。
フルーツたっぷりの「豆花」は、美味しくて最高でした。
豆花は、豆乳プリンというか、甘さがある絹ごし豆腐というか
なんとも言えないスイーツですが、
一度食べてみるとハマる美味しさです。

まとめ

わずか2泊3日ですが、色々なところを巡り、
美味しいものを楽しめた台北旅行でした。

初めて台北へ行くのであれば、
メジャー観光地を巡ってくれるツアーを
申し込んでしまうのが一番便利です。

一度行ったことのある人は、
公共交通機関をうまく活用すれば、
自力で好きなところへ行けるのが台北の魅力です。

日本語の話せる人もいるし、
親日と言われる国でもあるため、
海外旅行に慣れない人でも安心です。
油断は大敵ですが、旅行のしやすさはあります。

食事は、中華系統の料理が問題なければ、
困ることがないのも、良いですよね。

ぜひ台北も一度行ってみると良いです。

スポンサードリンク

 - 旅行