84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

アヒージョに適したスキレットのサイズは?

   

アヒージョは家でも
簡単にできる便利なおつまみですよね。
皆さんはどんな風に作っていますか?

アヒージョをスキレットで作る場合、
スキレットのサイズは何が最適か紹介します。

スポンサードリンク

家で作るアヒージョにおすすめのスキレットサイズは?

我が家ではアヒージョは定番メニューです。
家にあるもので手軽に作れるのが魅力です。

アヒージョを作る時、スキレットがおすすめです。
そして、スキレットのサイズとしては、
「6インチ(15㎝程度)」が便利です。

スキレット

このサイズが便利なのは
量がちょうど良い
テーブルに出しても場所をとりすぎない
食べ過ぎない
といったことです。

スキレット

アヒージョの美味しさは
具材から出た出汁たっぷりの
オリーブオイルにあります。

そのため、スキレットが小さすぎると
出汁となる具材が少なくなり、
美味しいアヒージョから遠くなります。

スポンサードリンク

スキレットが大きくなると、
たくさんの具材を入れられ、
多くの量が出来上がりますが、
ついつい食べ過ぎちゃう危険性が高まります。

ニンニクやハーブ類の風味と
具材の出汁たっぷりの
オリーブオイルを楽しんでこそ、
アヒージョの美味しいところ、
魅力ですよね。

バケットなどにオリーブオイルを
つけて食べると最高ですよね。

食欲が増進されて、
お酒も進むけど食べ過ぎてしまうため、
スキレットは小さすぎず、
大きすぎないサイズが
おすすめなわけです。

我が家のスキレットの
サイズは、6インチ程度です。

夫婦2人で食べることが多いですが、
ちょうど良いサイズだと思っています。

具材としてはキノコ類を
使ったアヒージョが大好きです。

最初キノコに火が通るまでは
スキレットが若干小さいかな
と思いますが、
火が通ってくるカサが減りますので、
スキレットからこぼれ落ちない程度で
具材を入れています。

スキレット アヒージョ

アウトドアで普段より
人数が多くなる場合は、
何度か調理すれば問題ありません。

短時間で美味しく
アヒージョが出来上がりますし、
火の通りやすい具材を
活用すると便利です。

⇒アヒージョの作り方

スポンサードリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ