84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

サムギョプサルを家で楽しめる作り方/ダッチオーブンも活用できます!

      2016/09/09

韓国料理の「サムギョプサル」は、
野菜もたくさん食べられ、
豚肉の余計な油がおちて、
美味しいですよね。

ダッチオーブン サムギョプサル

ダイエット中もバランス良く食事をしたいと考える私にとって
野菜も豚肉も楽しめるメニューとして、魅力的です。

でも、家であの独特な鉄板を用意することは
なかなかできないですし、
家で同様に楽しむのは難しいもんですよね。

まったく同じように調理はできないけど、
サムギョプサル風に家で楽しむために何か工夫できないかと思い、
ダッチオーブンを活用して、やってみることにしました。

スポンサードリンク

サムギョプサルを家で楽しむ/材料

◎材料◎
・豚バラ肉400~500g(ダッチオーブンを活用するため、大きめの固まりがおすすめ)
・玉ねぎ2個(肉の下に入れる用と薬味的に活用する用)
 玉ねぎのみじん切りを具材にすると、さっぱり食べられ、食感も最高です。
・じゃがいも1~2個(じゃがバターをやらなければ、不要)
・サンチュ
・塩、こしょう
 (お好みですが、いつも下味用に塩こしょうと一緒に乾燥バジルも活用しています。)
・青唐辛子(買うと少量でも高いため、家庭菜園で栽培中です)
・キムチ
・オリーブオイル

サムギョプサル 材料

<ポン酢タレ>
・にんにく
・ポン酢

にんにくポン酢

<ごま油タレ>
・ごま油
・塩

サムギョプサル ごま油

上記の材料が我が家では定番になりつつあります。

それ以外に最近材料として使ってみたものは、
・フレッシュバジル(家庭菜園で栽培中です)
・すだち
・味噌(味噌にみりん、お酒、ごま、はちみつ、青唐辛子を混ぜたものを時間があれば作っています)

スポンサードリンク

サムギョプサルを家で楽しむ/作り方

ホットプレートやフライパン等でもやれると思いますが、
我が家ではせっかくあるダッチオーブンを活用です。

ローストポークがダッチオーブンでできることを思い出し、
サムギョプサル風にアレンジしてみました。

ダッチオーブンを活用すれば、
大きめの肉の固まりでもパサパサせず、大丈夫です。
(参考:ローストチキン ローストチキンの作り方/ダッチオーブンでパサパサ防止)

・オリーブオイルで厚めにスライスしたにんにくを弱火で炒める。
・にんにくの香りが出たら、にんにくを取り出し、ポン酢に入れる。(タレの出来上がり)
・豚バラ肉を入れ、中火~強火ぐらいで焼き目をつける。
・一度、肉を取り出し、1㎝~1.5㎝程度の厚さに切った玉ねぎ
(1~1.5個分:ダッチオーブンの底がある程度埋まる程度)を入れる。
・玉ねぎの上に肉を戻し、じゃがいもを入れて、蓋をする。

下記の写真は、ダッチオーブンの蓋をする前の様子です。

ローストポーク

・弱火で30~40分程度待つ。
・ダッチオーブンの蓋を火にかけ、食べやすい大きさにカットした豚肉をのせる。

ここまで出来れば、
あとはサンチュにお好みの具材を入れて、
好きなタレで食べるだけです。

肉を切り分けるのが面倒だと思いますが、
キッチンばさみを活用すると楽です。

また、ダッチオーブンの蓋を温めて鉄板代わりにすることで
すぐに肉を食べきれなくても、しばらく温かいままで楽しめます。

ダッチオーブン サムギョプサル

肉の下に入れた玉ねぎが焦げ付かなければ、
トロトロに煮込まれた甘みの高い玉ねぎが出来上がります。
にんにくポン酢に一緒に入れて、食べると美味しいです。

ダッチオーブン サムギョプサル

バーベキューで楽しむと火加減が難しくて大変ですが、
家ではその点が楽です。
弱火でじっくりも簡単のため、挑戦してみてください。

くれぐれも食べ過ぎには注意して、楽しんでみてください。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ