84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

海遊館からイケア鶴浜へのアクセス・交通手段はバス?タクシー?

   

IKEAは、スウェーデンの家具メーカーです。
日本国内にお店は増えてきていますが、まだ限られた地域にしかありません。
今回、大阪へ旅行した際、せっかくだから行ってみようということで訪れてみました。
旅行ルートとしては、海遊館からIKEAへ向かった形です。

スポンサードリンク

海遊館からイケア鶴浜へのアクセス・交通手段はバス?タクシー?

最近、インテリアショップへ出かけることが増えています。
元々インテリアショップや雑貨屋さんを見て回ることが好きですが、最近は家のレイアウト変更を検討していることもあり、興味、関心度は増しています。
そんな状況だったこともあり、せっかく大阪へ行くのであれば、IKEAへ行ってみることを決めました。
大阪にあるIKEAは、IKEA鶴浜となります。

車で行くのが便利なエリアだったため、旅行中で車がなかったため、交通手段に悩みました。
また、どういう流れでIKEAに立ち寄ろうかということも迷い、土地勘がない中調べてみました。

限られたスポットからではありますが、シャトルバスが出ています。
シャトルバスのルートは2つ用意されています。

一つ目:大阪駅前(IKEA鶴浜行バス乗り場)⇒ドーム前千代崎(バス乗り場D)⇒大正橋(バス乗り場5番)
片道料金:大人210円、子ども110円
所要時間:大阪駅から約45分、ドーム前千代崎から約20分、大正橋から約17分
時刻表を見ると、土日祝は1時間に3本程度の時間帯が多く設定されています。
平日は、1時間に2本の時間帯が中心です。
頻繁に出ているというわけではありませんが、十分な本数かなと思います。
イケア鶴浜 シャトルバス

二つ目:JR難波駅(OCAT 1階正面ロータリー)
料金は無料です。
所要時間:約25分
時刻表を見ると、1時間3本が中心となっています。

シャトルバスを利用するのが、便利なのかなという結論にもなりました。
でも、海遊館にも立ち寄りたかったこともあり、移動手段を検討しました。
海遊館の場所

スポンサードリンク

なんばまで電車で行って無料シャトルバスに乗ることも考えましたが、時間がかかってしまうこともあり、
最終的に海遊館からそれほど遠くないことがわかったので、タクシーで行ってしまうことに決めました。
IKEAから海遊館でも良かったわけですが、ルートの効率と海遊館の混雑を考慮し、海遊館からIKEAへ行くことにしました。
タクシーは、海遊館の目の前に待っている感じではありませんでした。
でも、すぐ近くの観覧車近くに待っているタクシーが何台かあり、利用に困ることはありませんでした。
タクシーでの移動時間は約10分と車で移動すればあっという間でした。
料金は1,400円でした。二人での移動だったので、一人あたりは700円です。

IKEAは、細かく見ながら移動すると、時間が結構かかる広さでした。
初めて行ったこと、時間に制約がなかったこともあり、まったりしながら見て周りました。
途中でティータイムも取って過ごしました。
見てみることが中心で購入は想定していなかったため、入会金、年会費無料のIKEA FAMILYの会員カードは発行しませんでした。
会員になっていることによって、レストランを含めて価格が違っています。
利用することが多ければ、会員になっておくと便利なのかなと思いました。

IKEAでゆっくりした後は、見比べてみようと思い、すぐ隣にある東京インテリアにも立ち寄りました。
東京インテリアへ立ち寄った後は、再びIKEAに戻り、大阪駅行きのシャトルバスを利用しました。
週末の夕方の時間帯でしたが、座ってバスに乗ることができました。
同時刻の難波行きのシャトルバスは、大阪駅行きより多くの人が待っていて、車内に立って乗る人も見かけました。
無料であることと、難波駅行きと使い勝手が良いことが影響しているのかなと思いました。

まとめ 大阪旅行2日目の移動手段と時間と料金

スパワールド出発
大阪市営地下鉄堺筋線 動物園前から堺筋本町 乗り換え 
大阪市営地下鉄中央線 堺筋本町から大阪港  時間は約30分 料金は280円
大阪港駅から海遊館 徒歩10分
海遊館からイケア鶴浜 タクシーで約10分 料金は1400円 一人当たり700円
イケア鶴浜から大阪駅 バスで約45分 料金は210円

地元に住んでいる人も立ち寄っている様子でしたが、私のように旅行などの機会に立ち寄っている様子の人も見かけました。
シャトルバスを上手に活用すれば、大阪観光とセットに組み込むことは可能です。
今後、名古屋にもできるようなので、機会があればまた行ってみたいなと思います。

スポンサードリンク

 - 旅行, 趣味・娯楽