84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

母の日プレゼントに定番の花以外を贈りたい!何が喜ばれる?

      2016/01/20

母の日のプレゼントの定番は、
赤いカーネーションでしょうか。

花を贈る人が多いですが、
花以外でも喜ばれるものもあるはずです。

今回の母の日は、定番にこだわらず、
喜ばれるプレゼントを贈ってみませんか?

スポンサードリンク

母の日プレゼント|花以外で喜ばれるもの

母の日といっても、
贈る相手との関係性は様々ですよね。

実の母にあげる場合もあれば、
義理の母にあげる場合もあると思います。

いろいろ悩むのが面倒であれば、
定番のプレゼントで済ませがちですが、
少し違ったプレゼントを贈ってみたいと
思う年もあるのではないでしょうか。

定番からかけ離れることに不安があるのであれば、
花の種類や色を変えてみるのが簡単です。

例年、生花でプレゼントしている場合は、
プリザーブドフラワーにして、
ずっと飾ってもらえるものにしてみるのもおすすめです。

おしゃれにアレンジしてあるものもあり、
お花でケーキみたいに見えるものも売られています。

押し花のしおりをプレゼントして
喜んでもらったこともありますので、
花を贈るといっても、様々な渡し方ができます。

花以外の贈り物としては、
「料理好きな母にはエプロンなどキッチン用品」
「ホテルなどの食事のプレゼント」
「化粧品や美容グッズ」
「美容院のトリートメントやエステ、スパ」
「美味しいスイーツ」

なども喜ばれます。

母の日に赤いカーネーションを贈る意味が
元々あるわけですが、
贈るものではなく、贈る気持ちが大事であるため、
気持ちをこめて、プレゼントすれば
立派な意味のある母の日のプレゼントです。

気持ちがこもっていれば、
相手が受ける喜びも増え、お互い幸せです。

スポンサードリンク

日ごろの感謝を伝え、
これからも元気でいてねという
メッセージを伝えたいときだと思うため、
その気持ちを大切に相手を思って
プレゼントを選んでみてください。

メッセージカードを選択して、
プレゼントに添えることができる場合が多いですが、
できれば、自分の言葉で思いを書いたり、
直接伝えたりするほうが良いです。

実体験から

最近は、母の日と父の日の
両方を一緒に考えてプレゼントすることが増えました。

それは、自分が家から離れていくにつれて、
家に残される父母の今後の幸せを願う気持ちが高まったからです。

父母そろって、食事が楽しめるように
セッティングして、食事をプレゼントしたこともあります。

最近では父母向けのプレゼントもいろいろありますが、
夫婦茶碗や箸のプレゼントも喜んでもらえました。

花をもらう機会が減ったことを母が口にしたことがあったため、
思い切ってプリザーブドフラワーのアレンジ体験教室へ行って
オレンジのバラの花のアレンジを贈ったこともあります。
久しぶりに花をあげたので、喜んでもらえて、
今でも飾ってもらえている様子を見ると、私もうれしくなります。

母の日というと、赤いカーネーションを目にしますが、
定番の花以外でも、喜んでもらえるので大丈夫です。

定番にこだわらず、自分らしい
プレゼントを母の日に贈ってみてください。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭・季節行事