84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

のんびり旅におすすめ!宮古島まったり旅行|宮古島の魅力、観光スポットの紹介

      2016/05/18

沖縄旅行と言うと、沖縄本島へ行く人が多いですが、
沖縄には離島が色々あります。
そして、離島によっても雰囲気が違います。

今回は、のんびり、まったりしたい人に
おすすめの宮古島旅行について紹介します。

宮古島の魅力や観光スポットを知って、
ぜひ宮古島旅行を検討してみてください。

スポンサードリンク

宮古島旅行の魅力とおすすめ観光スポット

宮古島の最大の魅力は、
まったりとした時の流れです。

まったり度の目安としては、
沖縄本島<石垣島<宮古島といった感じです。

日頃、便利な都市に住んでいると
コンビニやスーパー、ATMの数が少なく、
レンタカーがないと不便な宮古島に最初は驚きます。

でも、その不便さが宮古島の魅力の一つとなります。
不便=幸せではない、楽しめないということではありません。
その中でも楽しみを見出すからこそ、旅行を自分で盛り上げることができます。

宮古島は、街灯が少なく、夜間出歩ける場所が少ないです。
せっかく旅行へ行ったのに、夜は遊べないのかと思うかもしれませんが、
ホテルにこもっていては、もったいありません。
外に出て、空を見上げてみてください。
都会より、星空が綺麗に見えます。

リゾートホテルに泊まりながら、
ベランダで空を見上げながら、
ゆっくりとした夜を楽しむのがオススメです。

昼間は、レンタカーを利用して、
ゆっくりとドライブがオススメです。

道路上のあちこちで「まもるくん」を見かけると
その独特の雰囲気にほっこりします。
まもるくん

ドライブしながら、絶景ポイントを
ぜひ回ってみてください。

砂山ビーチへ行くと、
白い砂浜を下っていくと、
そこには透明度の高い海が広がっています。
砂山ビーチ

砂山ビーチ

与那覇前浜に行っても、
美しい景色を体感できます。

宮古島には、素敵な景色を楽しみながら、
爽快な気分でドライブができる
来間大橋や池間大橋があります。

全長1425mで宮古島と池間島を結ぶ池間大橋、
全長1690mの橋で宮古島最長の橋、来間大橋は宮古島と来間島を結んでいます。

天気の良い日に橋をドライブすると、
空に飛んでいる気分も味わえるような感じです。
橋の付近にある駐車場に車をとめて、
少し歩いてみるのもオススメです。

スポンサードリンク

宮古島は、海や砂浜だけではありません。
島尻のマングローブ林があり、
宮古島の豊かな自然を感じることができます。

小さなカニなどを見つけながら、散策できます。
島尻のマングローブ林

マングローブ

お土産に迷ったら、雪塩や雪塩を使ったちんすこうがオススメです。
ドライブしながら、雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)へ行ってみると、
雪塩を作る過程が見学できます。

⇒石垣島の絶景ポイント情報はこちら

⇒宮古島周辺の観光スポット(楽天たびノート)

宮古島で楽しめるスイーツ

旅の醍醐味の一つとして、
やっぱりスイーツですよね。

宮古島は、マンゴーが美味しいところであり、
マンゴーソフトクリームが楽しめます。
ユートピアファーム宮古島で楽しめます。

ソフトクリーム

完熟マンゴーの収穫時期が限られているため、
お土産として発送注文したマンゴーが届くまでに時期があきましたが、
届いたマンゴーの甘さ、濃厚さ、なめらかさには感動しました。
価格は高いですが、それだけの美味しさを体感できます。
マンゴー好きな人は、ご褒美スイーツとして、注文して帰ってくるのもオススメです。

ソフトクリーム後には、綺麗な蝶を見かけました。

お店の名前を忘れてしまいましたが、
島バナナパフェも食べました。
島バナナは、普通のバナナより
まったりもったり感があり、美味しいです。
島バナナパフェ

パッションフルーツ系も南国さが満喫できます。

スポンサードリンク

 - 旅行