84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

美味しいカキフライの作り方|衣はサクサク、身はふっくらに揚げるコツ

   

カキフライが美味しい季節ですね。
カキフライは、衣はサクサクに
そして牡蠣の身がふっくら仕上がると
牡蠣の美味しさが引き出されます。
いくつでも食べられる美味しいカキフライを作るために
どんなコツがあるのでしょうか?
我が家は、毎年美味しいカキフライを楽しんでいます。
美味しい作り方を紹介します。

スポンサードリンク

美味しいカキフライの作り方

我が家のカキフライの作り方を紹介します。

<材料>
牡蠣(新鮮なものがオススメ)
コショウ

小麦粉
パン粉(我が家は生パン粉です)
サラダ油
オリーブオイル
レモン

<作り方>
1.牡蠣をサッと水洗いしたら、
沸騰したお湯でサッと数秒火を通します。
牡蠣の色がやや白っぽくなる程度で良いです。

2.牡蠣の水気をしっかりと拭き取ったら
軽くコショウをします。
コショウはお好みで大丈夫です。

3.小麦粉を適当なポリ袋に入れて、
その中に牡蠣を入れて、まんべんなくつけます

4.余計な小麦粉を軽くはたいたら、卵をつけます。

5.パン粉をつけたら、軽く握ります。

6.180℃の高温の油で1分程度揚げます。
我が家はサラダ油を:オリーブオイルを8:2ぐらいでやっています。
また、我が家はダッチオーブンを使って揚げていて、
牡蠣を油に入れたら、蓋を少しして、音が変わったら蓋を開けています。
油から聞こえる音が、パチパチとしてきたら、出来上がりです。

7.お好みの味でカキフライを楽しみます。
我が家はレモンが大好きで、ソース等は不要ですが、
お好みによって、ソースやタルタルソースなどでも良いです。

カキフライ

スポンサードリンク

カキフライを衣はサクサク、身はふっくら揚げるコツ

  1. 牡蠣の水気はしっかりと取っておくこと
  2. 小麦粉はむらなくまんべんなくつけること
  3. オリーブオイルを揚げ油に使うこと
  4. ダッチオーブンを使うこと

牡蠣から水気が出ると、衣がべチャとなりやすくなります。
面倒かもしれませんが、貝柱付近のひだひだの間も
キッチンペーパーなどでしっかり拭き取ることが衣サクサクに大切です。

小麦粉をむらなくつけることで、
衣がバランスよく仕上がるため、サクサクに仕上がるのを助けてくれます。

オリーブオイルを使うと、サクサク感が高まり
香りもよく仕上がります。
また、酸化しにくく、油が中までしみ込みにくい効果もあるため、
ヘルシーにも仕上がります。

もし、ダッチオーブンが家にあれば、
ぜひダッチオーブンを活用すると良いです。
ダッチオーブンを使うと、油の温度が下がりにくいため、
揚げ物は天ぷらでもフライでも上手に仕上がります。
また、蓋を上手に活用することで、
油はねを抑えながら、揚げ物ができます。
蓋を閉めることで圧力効果もあるのか、
身がふっくら仕上がります。

まとめ

上手に揚げると、カキフライであれば、
個数が多くてもペロッと食べられます。
今回は、2人分で15個揚げました。

サクサクの衣に仕上げると、
それだけ油の吸い込みも少なく仕上がっているため、
多くても問題ないし、胃もたれも大丈夫です。

美味しい牡蠣の魅力を最大限引き出せるように
上手にカキフライを作って、
旬を楽しみながら、美味しさを満喫できると、
幸せな食卓を囲めます。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ