84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ほめることはどんな効果がある?効果を最大に引き出すほめ方のコツは?

   

最近人にほめられていますか?
逆に人にほめられたことがありますか?
意外と振り返ってみると、
なかなか思い出せない人も多いのではないでしょうか。
ほめることは、色々と良い効果があるため、
大人になっても、ほめる、ほめられる経験があると良いものです。

スポンサードリンク

ほめることによる効果

人間は、生まれながらに「認められたい」という
気持ちを持っています。
相手にほめられると、気持ちが良くなり、
自分のことを認めてくれた気持ちになります。

つまり、ほめることは、
人間関係を良好にしてくれる
大事なコミュニケーションツールとなってくれるわけです。

小さいころは、ほめられることが多かったけど、
大人になるにつれて、何となくほめられる経験が減ったり、
ほめられても素直に喜べないことも出てきませんか。

また、大人に対してほめるとき
馬鹿にしていると思われないか などと
不安に感じて、素直に相手をほめられず、
結局そのまま過ぎてしまっていませんか。

ほめられて嬉しいのは、どんな年齢でも同じです。
上手にほめること、そして上手にほめられることが
大人になっても日頃の生活であると、
ストレスも減り、自然と前向きな気持ちになり、
人間関係にも恵まれていきます。

上司が部下を上手にほめられれば、
部下は上司を信頼し、仕事のモチベーションがあがり、
部下の成長も促されていきます。

何かを頑張ろうと思ったら、
その決意を周囲へ伝えて、
ほめられる機会をうまく持つと、
目標達成までの道のりも早くなります。

ほめることが持っている力は、
予想以上に大きいものです。

ほめる効果を十分高めるコツ

ただほめれば良いわけではありません。
相手に嫌味にとられたり、明らかなお世辞ととられたり、
不信な気持ちをもたせたりするようなやり方では
むしろマイナスな関係に働く結果になります。

では、何に対してほめたら良いのでしょうか。

自分が心から良い、凄いと思ったことをほめる
ほめることが大切だからと言って、
嘘をついてほめる必要はありません。
嘘をつくと、相手も何となく察してしまって効果的ではありません。

相手がほめて欲しいと思っていることをほめる
相手はどんなことを求めている状況か
何に不安を感じていたり、自信を持っていたりするのか
相手のことをよく見ていくことが大切です。
人によっては、仕事をする職場であっても、
仕事よりプライベートのこと等をほめられる方が
気持ちよく仕事ができるタイプもいます。

スポンサードリンク

相手が気づいていない新発見の長所や魅力をほめる
自分ではなかなか気づいていない長所は
意外とあるものです。
自分としては欠点だと思っていても、
違う人から見たら、長所だと見える部分もあるため、
上手にほめることで、相手が欠点を長所に捉えなおし、
新たな世界を広げる助けになっていきます。

ほめるときは、内容だけでなく、
それをどうほめるか、ということも大切になります。

素直に感じたこと、思ったことを自然と伝える
自分が本当にすごいと思ったことは、
そのままストレートに伝えるのが効果的です。
別に難しい言葉、長い文章で伝える必要はありません。
「さすがですね」「ありがとう」「助かった」と
短い言葉でも、そこに気持ちがこもっていれば、
相手には十分伝わるし、相手もほめられたことを受け止めやすくなります。

具体的にどこがどう良いのかほめる
職場などで相手に評価を求めて、今後に生かしたいと思いながら、
相手の反応をうかがうことはありませんか?
そういった気持ちがある相手には、
「ありがとう」と一言だけでは、スッと受け入れられないため、
「ここの表現は素晴らしい、よく頑張った、自分だったらこの発想はできないな」
など、具体的に伝えていくことが大切です。

タイミングは外すことなくほめる
ほめるタイミングは、先延ばしにする必要はなく、
感じたときに、お互いにその感覚がある間に
ほめることが大切です。
タイミングよくほめることで、相手がほめられたことを
素直に認識しやすく、短い言葉でも大きな言葉に変わります。
相手が喜びや達成感を共有して欲しいこともあるため、
タイミングよくほめることが、ほめる効果を高めます。

実体験から

ダイエットをしているときは、
ほめられることは、自分にとって、大きな励みでした。

ほめて欲しいという気持ちのときに
スッとほめてもらえる時ほど嬉しいことはありませんでした。

最近は、ほめられることに慣れていない人も多い印象がありますが、
ほめられたら素直に受けいれると、気持ちがいいものです。

ほめることに注目すると、自然と相手の良いところに目が向き、
相手を見直すきっかけになることもあり、
この人とはどうしてもうまくやれなくてストレスだと思っていても、
そのストレスが軽減されることもあります。

自分の気持ちや接し方が変わると、
何となく相手の態度や反応も変わってくることもあるため、
相手ばかりを責めず、まず自分のかかわりを変えてみてはいかがでしょうか。

ほめること、ほめられることが
自然と日常的になっていると、幸せな気持ちになります。
ぜひその感覚を味わえる人が増えると良いものです。

スポンサードリンク

 - 健康管理