84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

牛テールスープは栄養スタミナ満点!下処理はどうする?味付けのオススメは?

      2016/05/07

牛テールスープは、栄養スタミナ満点で
滋養強壮、疲労回復効果があります。
どんな季節でも楽しめる料理ですが、
風邪をひきやすい冬の時期は、
牛テールスープを食べて、元気回復したいものです。
ダッチオーブンを使って、圧力鍋効果もいかして、
牛テールスープに初挑戦です。
下処理や味付けをどうするのか試行錯誤してみました。

スポンサードリンク

牛テールスープが持っている栄養パワー

牛テールスープは、健康維持に役立ってくれて
美容にも良い、そして美味しくて、
非常に万能なスープです。

韓国料理店に行くと見かけると思いますが、
韓国料理ってヘルシーだけど、
健康を助けてくれるメニューがたくさんあるんですよね。

牛テールスープがなぜ栄養満点、スタミナ満点なのかと言うと、
まずは牛テールを使っているということが大事なところです。

牛テールはコラーゲンがたっぷり含まれていて、
じっくり煮込むことで、コラーゲンがスープに溶け出します。
牛テールスープは、当然スープを味わうため、
コラーゲンがたっぷり摂取できることになります。
コラーゲンは美肌効果があると言われている成分ですよね。

また、牛テールに限らず牛肉には
良質のたんぱく質が含まれています
良質なたんぱく質は、体内で合成できない必須アミノ酸を
バランス良く含んでおり、体にとって必要な栄養源です。
ダイエットをしている人は、栄養素が崩れがちですし、
スポーツをしている人にとっても、良質なたんぱく質は
摂取して損のない栄養源です。

そして、牛テールスープにたくさん入れる
「にんにく」が大きな力を発揮してくれます。
にんにくに含まれているアリシンが持っている、
疲労回復、食欲増進、滋養強壮パワーが大活躍です。
最近は、ダイエット効果としてもにんにくは魅力的で、
にんにくを食べると、糖の代謝が促進され、
エネルギー代謝が高まり、結果的に脂肪燃焼につながると言われています。

にんにく以外にも
身体が温まるしょうがや
風邪の味方として優秀なネギも一緒に煮込むため、
牛肉だけでなく、野菜からもいっぱい美味しいパワーが出ます。

シンプルだけど、たくさんのパワーが詰まった
健康に役立つスープが牛テールスープです。

牛テールスープの作り方/下処理の方法

<今回の材料>
生の牛テール 600g(田原牛だったため、800円ぐらいしました)
長ネギ1本
にんにく半分
しょうが1個
焼酎(料理酒でも良い)

<牛テールの下処理の方法>
以前、ビーフシチューに牛テールを使ったときは、
冷凍の牛テールで、下処理がうまくできませんでした。
そのときは、牛テールを水から茹でて、大量のアクを捨てながら、
しばらく煮て、下処理を終えました。
最終的に徐々に血なまぐさい感じが薄れましたが、
最後まで何となく臭みが残ってしまいました。
ホロホロ、とろとろになっていただけに、
臭みが抜けかったことがすごく残念でした。

下処理する前の今回の牛テールです。
赤身が綺麗で、すごく美味しそうで仕上がりが楽しみです。

スポンサードリンク

牛テール

過去の反省を活かし、
今回は一度煮たら、お湯を一度捨て、
再度下茹でしなおして、
最後に肉を洗うか、表面を拭き取ろうと思っていました。

が、結果的に今回は生の牛テールだったこと、
お肉が良い肉だったためか、
前回よりアクの量が少なく、
煮込んでいるときのにおいもきつくなく
アクを捨てた煮汁を飲んでみても臭みがありませんでした。

そのため、アクを捨てただけで
スープを仕上げていくことになりました。

牛テール

アクが少ないとは言っても、
写真のようにアクは出るので、
綺麗に取り除きます。

<作り方>
作り方は非常にシンプルです。

下処理した牛テールと切った野菜、
お酒を適量入れて、煮込むだけです。

今回も我が家はダッチオーブンに
あとは任せるだけです。

途中でダッチオーブンの蓋を開けて
アクを取りましたが、
それ以外はダッチオーブンで弱火コトコト煮込むだけです。

今回は2時間ほど煮込み、一度火を止めて、冷ましました。

牛テールスープ

冷えて固まった脂は取り除き、
再度火を入れたら、初日は出来上がりです。

牛テールスープ ダッチオーブン

この時点で牛テールもトロトロですが、
調理日は我慢して、翌日再度煮込んで、
もっとトロトロになった牛テールをいただくのがオススメです。

最後に迷う牛テールスープの味付け

牛テールスープの作り方について
色々調べてみると、
味をととのえる最後の仕上げが様々でした。

  • 塩のみ
  • 塩、こしょう
  • 鶏ガラスープ
  • 和風だし

迷った結果、スープを少し取り出して
それぞれで味付けしてみて、
鶏ガラスープで仕上げることを決めました。

本当にシンプルな味が好みであれば、
塩か塩コショウの味付けが良いと思います。

我が家は、何となく味がしっかりしているのが好みのため、
鶏ガラスープが気に入りました。

肉と野菜から味がたくさん出て
味付けは不要じゃないのかと思うかもしれませんが、
どんなものでもちょっと塩を加えるだけで味が変わります。

味付けをすることでより美味しさが引き立つため、
お好みの味付けで最後の仕上げをするのがオススメです。

⇒ダッチオーブン料理メニュー一覧

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ