84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

足が太いとブーツ選びもひと苦労!選び方のコツは?

   

冬は、ブーツが楽しめると防寒対策にもなり、
ファッションの幅が広がります。
でも、ブーツって、足のサイズだけでなく、
足の太さも関係して、選び方は苦労します。
足が太いと、試着にも抵抗感がありますよね。
どんな風にしたら、足が太い人でもブーツが楽しめるのでしょうか?

スポンサードリンク

足が太い人にとってブーツ選びはストレス

ブーツと言っても、丈が色々ありますよね。
足が太い人にとっては、
丈が長くなればなるほど、大変です。

  • 足首が入ったと思っても、
    ふくらはぎの途中でファスナーが止まる。
  • ブーツの口の部分で
    ふくらはぎが締め付けられてとても歩けない。
  • 朝は履けても、夕方になると足のむくみで
    脱ぐことに苦労する。
  • 足の太さが強調されて、見た目が悪い。
  • 試着したくても、履けなかったら恥ずかしいし試せない。
  • 足の太さに合わせて、ブーツを選ぶと
    好きなデザインのブーツがない。

きっと悩みはあげれば、キリがないですよね。

一般的な靴よりブーツの試着は、
結構ドキドキして、心配なことが多いです。
足は、部分痩せが難しい場所ですし、
ブーツの試着で足の太さを痛感すると、
そのショックは結構大きいし、ストレスが高いものです。

少しでもストレスは軽減して、
ブーツも楽しみたいですよね。

足が太い人のブーツの選び方のコツ

どんな靴でもそうですが、
やはり基本となるのは、試着することが大事です。

ネット通販の場合、ブーツの口の広さやブーツ丈が明示されていたり、
様々なサイズのニーズを捉えて、様々なバリエーションが販売されています。
ネット通販の方が、自分の足の悩みに合わせたブーツを選べるかもしれません。
通販だと試着できるのか心配になるかもしれませんが、
最近は靴の場合は、返品や交換がしやすい通販サイトもあります。
試着して、自分の足に合うのか、
デザインは理想通りか、足が太く見えないか確認した方が良いです。
ブーツを履いている自分の姿を
鏡で良く見て、納得して選ぶことが大切です。

スポンサードリンク

ブーツ丈に関しては、
ふくらはぎの一番太い部分が
ブーツの口にならない丈を選ぶ
と良いです。
一番太い部分が、ブーツ口の部分になると、
足首とふくらはぎの部分の差が強調され、
足がより太く見える結果につながります。

店頭で試着しながら購入するのが良いですが、
午前中の試着は避けたほうが良いです。
どうしても足が夕方になると浮腫むため、
夕方になると足に合わなくなることがあります。
ブーツが履けたことの喜びから、
ついつい購入してしまって、夕方に後悔するようなことは
避ける方が良いです。

ブーツの時は、むくみが軽減できる靴下などを着用して
1日の足の太さの差を減らすこともおすすめです。
⇒足を細くする方法について

デザインや試着したときの感じが納得いかない場合は、
素直に諦めて、ブーツ以外のファッションを楽しむことも大切です。

ダイエットの結果、ブーツ選びも快適に

ブーツ選びをしていると、
痩せたことを実感します。

これまでは、ロング丈のブーツは試着もせず、
最初から諦めていましたが、
先日試着してみたら、スッと足が入りました。

店員さんも試着しますか?と声をかけてくれることも増え、
色々なブーツを試着して楽しむことができました。

ブーツの選択肢は広がり、
冬のファッションがもっと楽しめるようになりました。

ブーツ選びができるようになったことで、
可愛いレインブーツも買えるようになり、
梅雨時期なども快適になりました。

ブーツが楽しみたかったら、
足を細くすることも一つの方法です。

スポンサードリンク

 - ダイエット