84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ジョイントマットの選び方|サイズや厚さはどのぐらいがいい?

   

赤ちゃんと過ごす空間を作るとき、安全や防音対策のため、ジョイントマットの利用を検討する人もいるのではないでしょうか。
ジョイントマットは便利ですが、最近は様々なものが多くの店で販売されています。
どんなものをどこで購入したら良いのか悩んでしまいますよね。
どんなジョイントマットを選んだら良いでしょうか。

スポンサーリンク

ジョイントマットの選び方

最近は、畳ではなく、フローリングの家庭が多いため、子どもを床へ直接寝かせるにはちょっと抵抗を感じますよね。
子どもが小さい間は、床への対策を検討する人も多いのではないでしょうか。

子どもが硬い床で頭をぶつけたときの安全対策や、子どもがバタバタ走った際などの防音対策、床の傷付き防止など様々なことが気にかかると思います。
そのような対策のため、ジョイントマットの利用をする家庭が多いのではないでしょうか。

ジョイントマットは、今では100円ショップにも販売されているほど、身近なものになっています。
様々な店で、色々なジョイントマットが販売されているため、どういった基準で選んだら良いのか迷ってしまうほどです。
せっかく利用するのであれば、子どものためになり、有効活用できるものを選びたいですよね。

私がジョイントマットを購入したとき、何を優先して購入したか、使って見た感想も含めて、選び方のおすすめを紹介します。

ジョイントマットの選び方|サイズはどれがおすすめ?

まず、私がジョイントマット を購入するとき、悩んだのがマットのサイズです。
一般的な小さなサイズのジョイントマット は、縦横30cmだと思います。
それ以外にも縦横45cmや縦横60cmぐらいの大判マットも販売されています。

小さなサイズと大判サイズを組み合わせて利用できるようになっていることが多いため、30、45、60センチぐらいの種類が用意されていると思います。

私がおすすめするジョイントマットサイズは、縦横60cmぐらいの大判です。
大きなマットがおすすめの理由ですが、まずマットを敷く作業が楽です。
広いスペースにマットを敷こうと思うと、小さなサイズだと結構面倒です。
単純なパズルをしていくだけですが、結構面倒なため、大判の方が作業がスムーズです。
マットの下を掃除するときにも、マットの数が少ない方が、取り外しも直す作業も大判の方が便利です。
大判になったとしても、マット一枚の重さは女性でも軽々扱えるため、重さのことは心配いりません。

また、大判の方がマットの使用数が減る分、マットの溝が少なくなります。
ジョイントマットの残念な点の一つが、マットの溝にゴミなどが入り込んでしまうことがある点です。
ついつい忙しくてマットが敷きっぱなしになりがちですが、子どもがマットの上で遊んでいると、何かをこぼしたり、おもらしをしたりすることもあります。
ジョイントマットの表面はサッと拭くだけですぐに拭き取れますが、裏に流れてしまい、そのまま放置しているとマットの裏にカビが生えてしまうこともあります。
子どもが過ごすスペースは清潔にしてあげたいと思う人が多いと思いますので、掃除しやすい大判がおすすめです。

スポンサーリンク

ジョイントマットの選び方|厚さはどのぐらいがおすすめ?

ジョイントマットのサイズ以外としては、マットの厚さにも迷うと思います。
マットの厚さに関しても、1cm未満のものから、2cm近いものまであります。
傾向としては、厚さが増すほど、マットの価格も増す印象があります。
何もしないより、1cm程度でもマットがあれば十分と思うかもしれませんが、防音対策、丈夫さを求めるのであれば、多少費用がかさんでも厚手のものを選ぶことをおすすめします。
もし、厚さが少ないものを選ぶのであれば、お店で実際にマットを見てみて、丈夫さを確認してから購入すると良いです。
商品によっては、薄くてペラペラしている感じのものもあり、それを使用しているとすぐにマットがくたびれて、結局買い直しすることにもつながります。

私のおすすめは、マットに厚さがあるタイプです。
マットと床の段差ができるため、足が不自由な家族と生活している場合などはマットを敷く場所などに気をつけてくださいね。

私が選んだジョイントマット

さまざまなお店のジョイントマットを見に行きました。
西松屋や赤ちゃん本舗などの赤ちゃん用品店、イオンなどのショッピングセンター、カインズホームやニトリなど、何店舗か足を運びました。
サイズや厚さだけでなく、色や材質、値段、デザインなど本当にさまざまなものがあり、おどろきました。

色々見比べた結果、私はカインズホームでジョイントマットを購入しました。
使用したいスペースから考えて、サイズは58cmサイズを中心とし、30cmのものも購入しました。
厚さは2cmです。
両面つかえるパズルマット8枚組(縁付き)798円
両面つかえる大判パズルマット4枚組(縁付き)1580円
上記の2種類を選びました。
ジョイントマット 赤ちゃん
色は裏表で違うマットです。
アイボリー/ピンク、グレー/ブルーになっています。
全部同じ色より楽しそうかなと思い、2種類の色を混ぜて購入しました。
ジョイントマット 赤ちゃん
マットのどれか一つを交換したいと思った時、マットのバラ売りがされていない点は気にかかりましたが、今のところ交換したい事態には陥っていません。
私としては、このジョイントマットを選んで満足しています。

スポンサーリンク

 - 育児