84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

燻製を初心者でも簡単にできるおすすめ食材

   

自家製燻製は、身近な食材が簡単に美味しくなります。
難しそうに思う燻製作りですが、食材を上手に選ぶと失敗が少なくなります。
我が家がこれまで作ってみた燻製から、おすすめの食材を紹介します。

スポンサーリンク

燻製を簡単にできるおすすめ食材

自家製の燻製が、ダンボールで簡単にできることを知ってから、様々な食材で燻製を作ってみています。
燻製づくり初心者のため、無理なくできる食材を選んで、美味しい燻製作りに挑戦中です。
まだ少ない種類の食材ですが、食材によって燻製の出来具合に違いがあり、燻製の奥深さを感じています。

燻製は、下準備が必要な食材があります。
ソミュール液を作って、漬け込んで、干してなどという行程が必要な食材もあるんですよね。
我が家は、まだその行程が必要な食材には挑戦できていません。
燻製づくり初心者の人には、そういった下準備が必要なものを避けて、まず挑戦してみるのがオススメです。
また、燻製前にそのまま食べても美味しいもの、生でも食べられる食材を選ぶのもおすすめです。
さらに食材に水分が多くないものを選ぶのも失敗を防いでくれます。

おすすめの食材は、次の通りです。

<チーズ>
我が家では、6つに分かれた6Pチーズが定番です。
燻製の温度が高くなりすぎると、チーズが溶けてしまうこともありますが、そんな状態になっても美味しく食べられます。
燻製の香りもいい感じにつきやすく、チーズ表面の乾いた感じと中の柔らかさの食感が絶妙です。

燻製 簡単 食材

<ウインナー、ソーセージ>
どんなウインナーでも美味しく燻製できます。
定番のウインナーも美味しいですが、チーズ入り、ガーリック風味などのウインナーもおすすめです。

<ベーコン>
厚切りベーコンを燻製にすると、ベーコンの風味と燻製の香りがいい具合になります。

スポンサーリンク

燻製 簡単 食材

<煮卵>
自宅で下ごしらえをしても良いですが、面倒な時はスーパーで売っている半熟煮卵を活用するのが便利です。
表面に水分が残っていると燻製の失敗につながりますので、表面の水分はキッチンペーパーなどで拭き取るのが大切です。

燻製 煮たまご

<明太子、たらこ>
生の明太子やたらこを燻製にすると、火が通りますが、焼き明太子とはまた一味違った感じで楽しめます。
お酒のつまみにも良いですが、白いご飯がすすみます。

<ちくわ、かまぼこ>
シンプルな練り製品が、燻製することで新たな味わいになります。
安いちくわやかまぼこでもいいですが、せっかくならばちょっと価格が高めでも美味しいちくわやかまぼこなどを使ってみると美味しさも高まります。

燻製おすすめランキング

1位:チーズ
もともとチーズが好きだということもありますが、チーズは毎回美味しくできる燻製で大好きです。
燻製チーズも販売されていますが、自分で作った出来立て燻製チーズの美味しさは格別です。
包丁で切るなどの下準備も全然いらないのも、バーベキューで燻製をするときにも凄く優秀だなと感じる食材です。

2位:煮卵
煮卵も美味しいですが、燻製した燻製煮卵もお気に入りです。
香りがほんのりになってしまったこともありますが、失敗少なく美味しい食材です。

3位:ベーコン
厚切りベーコンのジューシーさも味わえつつ、燻製されたことによる表面のパリッと感が美味しいなと思っています。

スポンサーリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ ,