84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

卒業旅行は海外がオススメ!初めてでも安心、選び方のコツの紹介

   

学生だからこそできる卒業旅行があります。
ぜひ卒業旅行をすることがオススメです。
でも、バイト代だけでは予算が限られているし、
卒論や資格取得試験、
引っ越しや就職の準備もあり忙しくて旅行計画も面倒ですよね。
卒業旅行の楽しみ方、旅行先の選び方や旅行計画のコツについて
これまでの旅行経験から紹介します。

スポンサードリンク

卒業旅行をオススメする理由

  • 時間の制約が少ない
  • 安い価格でも楽しめちゃう
  • 遠く離れる友達との思い出づくりができる
  • 若いときにしかできない旅行ができる
  • 新鮮な目で違う世界や社会を知り、人生に活かせ

学生だって忙しいと思うかもしれませんが、
実際社会に出てみると、
社会人の方がやっぱり自由はありません。
連休がとれるようにしてくれている企業もありますが、
多くは自由に休みが取りにくかったり、
まして連休なんて取得困難なことが多いのが現実です。

多少の無理をしたとしても、
卒業旅行は計画し、実行することが
今後の役に立っていきます。

国内の卒業旅行でも良い面はありますが、
海外に興味があるのであれば、
一度海外へ行ってみると良いです。

日本で当たり前だと思っていたことが、
当たり前でないことに気づくときの衝撃は大きいです。
改めて日本の良さに気づいたり、
日本の特徴を知れたりできます。

最近は外国との距離も近くなり、
今後東京オリンピックが開かれることを考えると、
整備が進んでいき、
日本へ訪れる外国人観光客も増加するでしょう。

若いうちに海外を知り、
日本への理解を深めておくことで
外国の人へ日本を自分の言葉で説明しやすくなり、
相互理解が高まることにつながります。

社会人になっても友達と旅行ができるからと思っても
実際にはお互いの予定が合いにくく
物理的に距離が遠くなると自然に離れていくこともあるため、
友達との思い出作りにも卒業旅行は大切です。
そこでうまく行くと、その後も旅行する機会を持ちやすくなります。

若い学生時代だと、ある程度勢いで物事を乗り越えられるため、
新鮮な目で物事をとらえて、
安くて色々恵まれていない旅行になっても、
いい思い出になることが多いです。

卒業旅行で初めての海外!どこの国を選ぶと良いか?

海外へ行ってみることをオススメしていますが、
初めての海外になると色々心配になりますよね。

  • 治安は大丈夫か?
  • 言葉が通じないだろうけどどうしたらいいか?
  • 長距離フライトはやっていけるの?
  • どんな国なのか?
  • 食事や水は合うか?

心配なことを挙げ始めるとキリがないですよね。
でも、初めての海外旅行でも
国を上手に選べば、心配が軽減されます。

国の選び方としては、
日頃から海外情勢に意識を高く持っておく
外務省のホームページを確認し治安状況を把握しておく
日本語の通じやすい国や地域を選ぶ
時差を確認し、心配があれば時差の少ない国を選ぶ
気候状況を確認し、できるだけベストシーズンの場所を選ぶ
日本で食べたことのある料理の国を選ぶ
といったことが大切です。

実際旅行するときは、
海外だという意識は忘れずに
貴重品の管理、身の安全確保の優先すれば
あとは意外と何とかなります。

私は卒業旅行が初めての海外ではありませんでしたが、
最初の海外旅行先は韓国を選びました。
韓国を選んだ理由は、
「日本から近くてフライト時間が短いこと」
「時差がないこと」
「日本語が通じる場所が多いこと」
「韓国料理が嫌いではなかったこと」
からでした。

スポンサードリンク

卒業旅行が初めての海外!旅行計画のコツ

国を選んだら、次に悩むのは旅行計画ですよね。
慣れてくれば、すべて個人手配の方が
自由度が高く、マイルが貯めやすいこともありますが、
慣れないうちは、パックツアーを選べばよいです。

パックツアーを選べば、面倒なことの大半は
旅行会社が手配してくれて、
行程がある程度決まってくるため、
友達との計画も立てやすくなります。

パックツアーを選ぶにあたっては、
くれぐれも料金の安さだけに注目しないように気を付けてくださいね。
学生向け、卒業旅行向けのツアーも企画されており、
お買い得なツアーも展開されていますが、
旅行内容はしっかり確認するほうが良いです。

  • 飛行機は直行便?経由便?
  • 飛行機の出発や到着時間は何時?
  • フリープランの時間はどれだけある?
  • ホテルの立地は?
  • 食事は何食ついているのか?

といったことは確認しておくと良いです。

おそらく卒業旅行の場合、出発から到着まで
同行してくれるパックツアーは選ばないと思いますので
ある程度は自己責任で対応するツアーになります。

飛行機が経由便となった場合、
安いことが多いですが、乗り継ぎの手間があり、
慣れない国で乗り継ぎに手間取ると大変です。
直行便で行く方が便利で安心です。

飛行機の安さを求めると、
飛行機の離発着の時間帯が深夜や早朝だったり、
中途半端な時間帯の飛行機で結局時間が有効に使えなかったりします。
そのため、飛行機の離発着時間が何時か確認し、
行程に差支えがないか確認しておくと良いです。

フリープランが多いツアーを選択すると、
自分たちで計画しなければいけないことが多くなりますし、
オプショナルツアーを選んでいくと
最終的には旅行へ支払った総額が高くなることがあります。
よく比較してみると、もともとツアーが組み込まれたものの方が
金額が安くなることがあります。

自分たちで動くことがなければそこまで気にしなくて良いですが、
少しでも自分たちで行動したい場合は、
利便性の高いホテルを選ぶ方が良いです。
また、行きたい場所がある場合は、
そこまで行きやすい場所にあるホテルを選ぶのもオススメです。
また、ホテルによっては日本語の話せるスタッフがいることを
情報として提示しているところもありますので、
ホテルについて色々検索してみてください。

観光地ばかり気にしているとうっかりしますが、
食事をどうするか、事前に確認しておくと良いです。
食事を重要視するようであれば、
ツアー内に組み込まれている食事回数が多くなるようにすると良いです。
ホテルの近くにコンビニやスーパー、飲食店があれば、
安く食事を済ませることもできるので、
食事にこだわらなければ、周囲で楽しむのもアリです。

まとめ

私は大学の卒業旅行では、サイパンでした。
私の場合は、何か達成したい気持ちがあり、
スキューバダイビングのライセンスを
卒業旅行中に取得してしまおうと思ったため、
それが実行できる場所を選択しました。

友達と一緒に旅行へ行き、
ライセンスを無事取得し、
その後は社会人になってもダイビングが楽しめています。

サイパン 海 風景

今回は卒業旅行が初めての海外になる方に
オススメ理由やコツを紹介しましたが、
目的をもって卒業旅行を計画する魅力もあるため、
また機会があれば紹介しますね。

スポンサードリンク

 - 旅行