84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

豊橋市にオープンしたPlesic(プルシック)へ行ってきました|プリンとシフォンケーキの店

   

豊橋市に新たなスイーツのお店が2017年8月にオープンしました。
なかなか行く機会がありませんでしたが、近くへ行ったため立ち寄ってみました。
どんな様子だったのか紹介します。

スポンサードリンク

豊橋市にオープンしたPlesic(プルシック)へ行ってきました|プリンとシフォンケーキの店

豊橋市に新しくオープンしたお店「Plesic」は、プリンとシフォンケーキのお店です。
2017年8月にオープンしたお店です。
イートインコーナーもあるとの案内を見かけ、美味しいスイーツでまったりできる新しいお店のオープンを楽しみにしていました。
甲羅グループのお店だそうです。
営業時間は、10時から19時(商品がなくなり次第終了)と案内があります。

近くへ通りかかった時は気にしていたわけですが、週末やお盆期間中は、道路に渋滞ができているほど混雑しており、午後早めの時間帯でも完売の看板も見かける日がありました。
そんな状況だったため、待つことが嫌いな私はなかなか行く機会がないまま過ぎていました。
フェイスブックやインスタグラムに情報を載せている様子だったため、事前にフェイスブックを確認してみました。
テイクアウトのみの営業と記載されていましたが、完売されている様子はなく、お昼頃に通りかかると駐車場も空いていたため、立ち寄りました。
週末の日曜日でしたが、スムーズに入店できました。

季節のフルーツがのったプリンやプリンと同じサイズの容器に入ったコーヒーゼリーやチーズケーキなどが販売されていました。
シフォンケーキは、商品が少なくなっており、限られたものしかありませんでした。

何を買おうか迷いました。
たくさんの種類を食べてみたかったですが、一度にたくさん食べられないため、定番系かなと思ったプリンと残っていたシフォンケーキを購入しました。
購入したものは、
〇プルシックシフォン瀬戸内レモン(カップ)300円
〇プルシックプリン~究極のなめらかプリン~380円
〇レトロプリン380円
上記の3種類です。
プルシック プリン シフォンケーキ

スポンサードリンク

事前にホームページを見て、シンプルなシフォンケーキかショコラのシフォンケーキが本当は欲しかったんですよね。
でも、実際行ってみたら、ショコラのホールのシフォンケーキと瀬戸内レモン(カップ)しかなかった状況でした。
大勢で食べるわけでもないため、瀬戸内レモンのシフォンケーキを試しに買ってみました。
ボトルに入ったスイーツは、プリン好きなため、まずはシンプルなものを食べ比べてみようと思い、シンプルな2種類を買ってみました。

消費期限ですが、プリンは購入の翌日、シフォンケーキは3日後が表示されていました。

食べてみた感想についても紹介します。
まず、シフォンケーキですが、夏場は冷蔵保存、食べるときは常温に戻してと案内が記載されていました。
また、一緒に入っていた説明の紙には、電子レンジで温めて食べる案内も記載されていました。
電子レンジで温めようか迷いましたが、今回は常温に戻して食べてみました。
レモンの風味は適度で食べやすく、とにかく驚いたのはフワフワの食感です。
表面は適度なかたさがありますが、中心部はふんわり、そしてしっとりとした感じでした。
レモンの風味により、夏場でもさっぱり食べやすかったですね。

続いてプリンです。
なめらかプリンの方は、予想以上のなめらかなプリンで柔らかさが高い感じでした。
レトロプリンはそれに比べるとかたさのあるプリンではありますが、適度なかたさでどちらも好きなプリンでした。
カラメルは、レトロプリンの方が色も濃く、苦みがある味わいでした。
プリンのかたさは好みが分かれると思いますので、お好みで選ぶと良いと思います。

しばらく混雑は続くのかなと思いますが、イートインが営業してくれたらいいなと思います。
テイクアウトも良いですが、せっかくカフェスペースが明るい感じであるし、その場でも楽しんでまったりできたらと期待です。
ホームページなどを見てみながら、営業の変化について気にしていこうかなと思います。
興味があり、訪れてみようと思っている人は、事前にホームページなどの情報を確認してみるのが今の時期はおすすめです。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ