84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

妊娠中って温泉に入ってはダメ?|妊娠初期や後期の温泉禁忌の表示は?

   

妊娠中は、様々なことで行動などが制限されることがありますよね。
自分自身と赤ちゃんのためとはいっても、我慢しすぎるのもストレスです。
妊娠中の温泉利用についても悩むのではないでしょうか。

スポンサードリンク

妊娠中って温泉に入ってはダメ?|妊娠初期や後期の温泉禁忌の表示は?

温泉大好きな私が、妊娠して気になったのは温泉利用です。
なぜ気になったのかというと、妊娠初期や後期は温泉禁忌っていう案内を見たことがあるからです。
でも、最近は妊婦が温泉禁忌という項目が外されているんですよね。
それも知ってはいましたが、温泉禁忌の項目が外されていても、何となく気になりました。

そんな私ですが、自分なりに気をつけて、妊娠中でも温泉を楽しみました。
妊娠初期は、つわりといっても眠気と空腹感に悩まされる状況でした。
そんな状況だったため、そこまで気にせず、宿泊で温泉に入ったり、日帰り温泉施設も利用しました。
気をつけたことと言えば、長湯しすぎないこと、転倒に気をつけることでした。
周囲からも妊婦さんと気づかれることはない時期だったため、気楽に利用できました。

スポンサードリンク

徐々にお腹が周囲からも分かるようになると、周囲から妊婦さんだと気づかれるようになります。
そうなると、人によっては妊娠中なのに温泉!と思う人もいるため、冷ややかな目を向けられることもあります。
日帰り温泉施設は、人が多いため、その辺は割り切って利用するしかないかなと思います。
あまりにストレスであれば、ホテルや旅館の日帰り温泉や日帰り貸切風呂がある施設を利用すると軽減されます。

お腹が大きくなると、妊娠初期の頃よりも足元が見えにくいため、転倒の危険性が増します。
そのため、くれぐれも転倒には気を付けていました。
せっかく楽しんでいたのに、転倒して何かあってはいけませんし、周囲に迷惑をかけるわけにもいきませんからね。

結局家での入浴時も気を付けることは似たような感じでした。
温泉だから気を付けるというと、刺激の強い温泉もあるため、気分や体調が悪くなったら、無理せずお風呂からあがることでしょうか。

自分として、温泉利用したい、利用しても大丈夫な体調のときは、温泉へ行っていました。
できるだけ今まで通り温泉を利用できることで、ストレスは軽減されるし、身体がポカポカして身体がすっきりしました。

心配であれば妊婦健診時などに医師へ確認して利用したらいいと思います。
体調などを見て、無理なく楽しめるといいのではないでしょうか。

最近は、マタニティプランなどを最初から提示している温泉施設もあります。
そういったところは、妊娠中の温泉利用に理解が高いのかなと思いますが、心配であれば事前に問い合わせしてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 - 妊娠・出産, 温泉