84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

炭に簡単に着火できる道具チャコールスターターとその使い方を画像で説明

   

一昔前のバーベキュー場では新聞紙を丸めて火種にしてうちわで一生懸命あおいで火につけるという姿があちこちで見られました。
最近のバーベキュー事情では炭や道具が進化して火起こしが以前に比べるとかなり簡単になっています。

バーベキュー初心者は、火をちゃんと起こせるのか不安になったり、着火剤を用意しておくべきか迷ったりと火のつけ方を難しく考えがちです。
また、バーベキューをするとき、火がうまくつけられなくて悩んだり、もっと簡単な方法がないかと探している人もいると思います。
今回は簡単に炭に着火できるチャコールスターター、日本語で言う火おこし器の紹介とその使い方を説明します。

スポンサードリンク

炭に簡単に着火できる道具チャコールスターターとは

チャコールスターターはチムニースターター(チムニーは煙突の意味)ともいわれ、形状はまさに煙突のような見た目です。

チャコールスターター(火おこし器)は煙突効果と呼ばれる自然現象を応用したもので、煙突状の内部に火が付くと上昇気流が発生し、
その力で本体底部から外部の新鮮な空気が引き込まれて酸素が供給され、さらに炎が立ち上がり、炭をおこすという仕組みです

うちわであおがなくても勝手に火を起こしてくれるのでその間にほかの準備もできます。
火おこし器を使ってしまうと本当に楽なのがわかります。
一度使ってしまうと以前の火おこしは何だったのかと思いますし、もう手放せない超便利アイテムになります。

私が使っている火おこし器はユニフレームのチャコスタ2です。

チャコスタⅡは使わないときは折りたためて収納できるので、持ち運びにもすごく便利です。
チャコスタ 折りたたみ
次にチャコスタの使い方を説明します。
使い方と言っても着火剤と炭を入れて着火剤に火を着けるだけですけどね。

実際に使った場面の画像で紹介します。

スポンサードリンク

火おこし器ユニフレームチャコスタⅡの使い方

まずバーベキューグリルの火床や焚火台にチャコスタを置きます。
そこに着火剤を一つ入れます。
チャコスタ 着火剤
そしてその上に炭を入れていきます。
適当にいれても大丈夫です。
チャコスタが煙突状なので勝手に炭が積み上げっていきます。
チャコスタ 火おこし

着火剤に火を着けます。
チャコスタ 火おこし

このまま10分ほど放置し家置くとこんな感じ
チャコスタ 火おこし

うちわであおぐ必要もないのでその間にほかの準備を進めることができます。
超簡単です。

着火剤がなければ下に火種の新聞紙を敷いて火をつけても大丈夫です
チャコスタ 火おこし

チャコスタを使えば火おこし待ちの時間が圧倒的に短縮されます。
一度使うともうチャコスタなしではバーベキューはできなくなってしまいます。

スポンサードリンク

 - アウトドア