84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

バーベキューで炭の片付けを簡単にするコツ|アルミホイルを使って実践

   

バーベキューの終わった後の炭の処理って結構大変ですよね。
バーベキュー場に炭捨て場があれば、そこにもっていくだけで楽なのですが、ない場合は完全に消火したうえで持ち帰る必要があります。
今回はアルミホイルを使った簡単な炭の処理方法を紹介します。

スポンサードリンク

勝負はバーベキューが始まる前の準備で決まってきます。
バーベキューグリルの火床にアルミホイルを敷いておく、これだけです。

↓写真はコールマンのクールスパイダーです
バーベキュー 片付け

引き出し式の火床にアルミホイルを敷いておきます。

あとはバーベキューを楽しみます。

↓シュラスコと焼き芋と焼き野菜
バーベキュー シュラスコ 野菜

↓バーベキューの終わった後の炭の状態
バーベキュー 炭 片付け

↓敷いておいたアルミホイルで炭を包んでいきます
バーベキュー 炭 片付け

スポンサードリンク

炭はまだ熱いので軍手や耐熱グローブは必須です。
薄手の軍手だと熱くて触れないかもしれません。

↓炭を完全に包んだ状態
バーベキュー 炭 片付け

炭をアルミホイルで包んだ直後は熱いですが、酸素が供給されないためだんだんと冷めていきます。
あとは地域のごみ分別にしたがって捨てるだけです。

↓灰が少しこぼれることもありますが、油のこびりつきなどは全然ありません
バーベキュー 炭 片付け

油汚れが焼け焦げると掃除するのが大変になります。
しかし、アルミホイルを敷いておけばそんな悩みも無用です。

↓アルミホイルを丸めて捨てた後、グリルの縁についた油汚れを雑巾やキッチンペーパー等で拭き取れば綺麗になります。
バーベキュー 炭 片付け

今回は普通のアルミホイルを使いましたが、バーベキュー用の厚めのアルミホイルもあります。

スポンサードリンク

 - アウトドア