84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ロゴス 焚火台the KAMADOを買いました|組み立ても簡単で収納袋もついて便利

      2017/03/28

ロゴスショップで見かけて以来すっと気になっていたthe KAMADO
これならピザも美味しく焼けるかもと思っていました
でも位置が低くてピザの出し入れがやりにくそうとも思っていました

いろいろ調べているとthe KAMADOをハイポジションで使え、さらに開口部の遮温カバーがついて、高温調理がしやすくなったthe KAMADO コンプリートという商品がでているのを知って、バーベキューをやる予定が入っていたので買っちゃいました

スポンサードリンク

ロゴスthe KAMADOコンプリート買っちゃいました

今回は楽天で購入しました

↓届いたthe KAMADOコンプリート
ロゴス カマド

鍋料理にオーブン調理、焚き火にバーべキューとさまざまな機能がキャンプで活躍するLOGOS the KAMADO。
食事から夜の焚き火、そして暖房といろいろできてしまう
特にピザを焼くのが楽しみ!

↓箱を開けると色々な部品が出てきます
ロゴス カマド

ビニールをはがすだけでも大変です

↓これがハイポジションにする専用スタンド
ロゴス カマド

それでは組み立てていきましょう
とりあえず家の中で組み立ててみました

↓まずはスタンドから
ロゴス カマド

部屋の中で余計なものが写っていますが気にしないでください

↓灰受け皿をセットします
ロゴス カマド

↓火床とロストル(小)を設置します
ロゴス カマド 焚火台

これで焚火台やバーベキューグリルとして使うことができます

↓ロストル(大)を置いてその上にカマドをセットします
ロゴス カマド 焚火台

↓カマドフードをつけるとこんな感じ
ロゴス カマド 焚火台

スポンサードリンク

↓温度計付きの天蓋をつけてピザを焼くスタイルの完成
ロゴス カマド 焚火台

温度計の表示は50℃から500℃になっています

↓遮温カバーをつけるとこんな感じ
ロゴス カマド 焚火台

↓遮温カバーは横に引っ掛けることもできます
ロゴス カマド 焚火台

↓上にダッチオーブンを置くこともできます
ロゴス カマド 焚火台

うちのユニフレームの10インチのダッチオーブンも入れることが出来ました
よかった~

サイズは幅が約6㎝、奥行きが約57㎝、高さがハイポジションで約97㎝です
ピザを入れる開口部はだいたい腰の高さくらいです

the KAMADOは収納もすっきり

↓ロゴス カマドコンプリートには収納袋もついています
ロゴス カマド 収納袋

↓この大きさのカマドが収納袋に入るのでしょうか?
ロゴス カマド 収納

↓折りたたんでいくとすっきり収納袋に入れることが出来ましたロゴス カマド 収納袋

↓しかも袋には結構余裕があります
ロゴス カマド 収納袋

ただ重さは10㎏くらいあるので、ずっしりと重い感じです
でもこれだけコンパクトに収納できると持ち運びしやすくてすごく便利です

バーベキューにピザを焼く石窯なんてもっていけないですからね

一家に一台どうですか?

⇒ロゴスthe KAMADOを使ってピザを焼きました

スポンサードリンク

 - アウトドア