84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

川根温泉ふれあいコテージに宿泊体験|1日目は囲炉裏と源泉かけ流し温泉を堪能!

      2017/03/16

川根温泉ふれあいコテージに宿泊してみました。
1泊したわけですが、1日目の様子を紹介します。
コテージの囲炉裏や温泉を楽しみつつ、まったりしました。

スポンサードリンク

川根温泉ふれあいコテージに宿泊体験|1日目は囲炉裏と源泉かけ流し温泉を堪能!

川根温泉ふれあいコテージは、道の駅川根温泉と隣接した場所にあります。
コテージの横には、日帰り温泉施設「ふれあいの泉」や産直売り場があります。
また、大井川鉄道の川根温泉笹間渡駅がすぐ近くにあり、SLの停車駅の一つでもあります。

コテージは、4人棟5棟、5人棟2棟、6人棟2棟、8人棟1棟があります。
全ての部屋で源泉温泉が楽しめるわけですが、5人棟以上になると温泉露天風呂まで楽しめるようになっています。
今回は、空きがなかったため、4人棟に宿泊してみました。

チェックインは16時からになっています。
14時半ごろに到着したわけですが、線路沿いには多くの人がカメラを構えてスタンバイしていました。
全然SLの発着時間を調べずに行ってしまいましたが、ちょうどSLが来るタイミングだったようです。
川根温泉 SL 時刻
撮影場所を選んでいる余裕はありませんでしたが、SLを間近で見て、写真におさめることができました。
川根温泉 SL
その後、産直で菌床しいたけを購入しました。
肉厚のしいたけを囲炉裏で焼いて食べるためです。

産直のすぐそばにある足湯スポットでまったりしようと思いましたが、人がいっぱいで諦めました。
風もあって、少し肌寒かったため、川根温泉の試飲をさせてもらって、温まりました。
川根温泉 足湯
そんな風に過ごしていると、再びSLの通過時刻に近づきました。
SLの到着時刻はコテージ含め、あちこちのスポットに掲示されています。
2回目は少し時間に余裕があったため、川におりて、橋全体が見えるスポットでSL見学をしてみました。
SLまでの距離はありますが、橋を軽快に煙を上げながら走っていく姿は素敵でした。
川根温泉 SL
SLを堪能し、チェックインを済ませ、部屋に案内してもらいました。
部屋は広さもあり、設備もある程度そろっていて便利な感じです。

スポンサードリンク

夜は、囲炉裏を使って、まったり食事を楽しみました。
事前に頼んでおいたヤマメと鮎を焼いてみたり、持参した肉などを焼いてみたりしました。
いつもバーベキューは楽しんでいますが、囲炉裏を使うことは初めてでした。
使い勝手がいつもと違って若干とまどった面もありましたが、魚も美味しく焼けました。
川根温泉 囲炉裏 焼き魚
外はまだひんやりした時期だったため、室内で準備から片付けまでできるのは嬉しいですね。
ただ部屋中においが強烈で、服などにもにおいが染みつくのは大変でした。
到着して、真っ先に部屋の温泉でまったりして、浴衣に着替えていたため、まだ被害は少なかったですが、囲炉裏使用時のにおいには要注意ですね。
囲炉裏で炭を使う場合は、排煙窓を必ず開けてくださいと言われて開けていました。
最初に炭をたくさん入れすぎてしまったこともあり、煙の量が多くて、最初は特に大変でした。
一時窓を開けたり、キッチンの換気扇を回したりしていました。
加減しないと大変なことになりますね。
川根温泉 コテージ 囲炉裏
囲炉裏料理が面倒であれば、IHクッキングヒーターもありますし、炭以外の調理方法も楽しめます。
暑い時期はとても囲炉裏料理を楽しめる余裕はなさそうなので、過ごしやすい季節が最適な季節になりそうです。

食事準備が遅くなったため、片付けを終えることには、日帰り温泉施設の終了時刻が近くなってしまいました。
日帰り温泉施設の利用は、翌日すれば良いと決めて、この日は再び部屋についている温泉を楽しみました。
川根温泉 コテージ 源泉温泉
源泉だけでは熱かったため、加水して入りました。
さすが温泉ですね、お肌がツルツルになり、身体の芯までポカポカで眠りにつきました。

スポンサードリンク

 - アウトドア, 旅行, 温泉