84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

アクアパッツァはアルミホイルで簡単でおしゃれな仕上がり|バーベキューにも便利

      2017/03/18

バーベキューでは、様々な料理に挑戦できます。
簡単に、そして美味しくできる料理は便利です。
バーベキューは、みんなでわいわい楽しむことが多いため、見た目が華やかだとより盛り上がるものです。
今回は、アルミホイル焼きの一つとして、海鮮系メニュー「アクアパッツァ」を紹介します。

スポンサードリンク

アクアパッツァはアルミホイルで簡単でおしゃれな仕上がり|バーベキューにも便利

アクアパッツァの嬉しいところは、さっぱり食べられるところです。
バーベキューでは、何も考えていないとお肉などコッテリしたものが多くなりがちです。
お肉以外のメニューもあると、結構喜ばれます。
ただ焼くだけというわけではありませんが、作ってみると案外簡単にできます。
お肉以外のメニューを取り入れたいと思っている人にはお勧めです。

また、アクアパッツァは、材料を工夫すればカラフルに仕上がり、見た目が華やかになります。
アウトドア料理とは言っても、見た目にも気をつけて料理するのが、よりバーベキューを楽しむコツになります。

<材料>
〇お好きな白身魚
〇あさり
〇プチトマト
〇オリーブ
〇白ワイン
〇オリーブオイル
〇にんにく
〇アンチョビ
〇乾燥バジル
〇塩コショウ
アクアパッツァ 材料
トマトが赤色のため、黄色のパプリカを一緒にいれるとよりカラフルに仕上がります。
小さく切ったブロッコリーを入れても鮮やかだし、美味しいです。
お好みで選ぶと良いです。
私はバジルが好きなため、乾燥バジルを活用していますが、タイムやイタリアンパセリなどを利用している人が多いと思います。

<作り方>
今回は、アルミホイルを使って、アルミホイル包み焼きでやってみることにしました。
アルミホイルは、1枚で作ると破ける可能性もあるため、2~3枚重ねて作ると良いです。
アルミホイルを袋状にして作っても良いです。
アクアパッツァ アルミホイル
アルミホイルを魚が入ることを見こして、適当な大きさにカットします。
半分にアルミホイルを折り、筒状になった方の両隅を折り曲げます。
そして、両サイドを折り曲げたら、上の部分があいた袋状のアルミホイルが出来上がりです。

スポンサードリンク

下処理した魚に塩コショウをします。

野菜をカットします。
袋状にしたアルミホイルの中に材料を入れて、加熱すれば出来上がります。
魚に火が通り、アサリの口があいていれば完成のタイミングです。
アクアパッツァ アルミホイル
筒を作るのが大変そうであれば、アルミホイルを適当な大きさにカットして、その上に具材をのせます。
白ワインなど液体を入れるため、こぼれないように四方向を折り曲げて、もう1枚のアルミホイルで包み込む感じでやるのも大丈夫です。

魚の身がふっくら、うま味を逃がさず、美味しく仕上がるには、アルミホイルから蒸気がもれないようにすることです。
アクアパッツァ アルミホイル
アルミホイルではなく、量によってはスキレットやダッチオーブンを利用しても美味しく出来ます。
でも、スキレットやダッチオーブンを他の料理に使うこともあるため、アルミホイル焼きも活用しています。
アウトドア料理は、手軽に美味しく出来るものが結構あります。
色々なメニューを取り入れて、変化も楽しんでみたらいいんじゃないかなと思います。

⇒ダッチオーブンでアクアパッツァ

⇒バーベキュー特集記事のまとめ

スポンサードリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ