84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ダイエットはデスクワークでも無理しないで実行できます!

   

ダイエットをしようと思っても、日々の生活もあり、ダイエットばかりできませんよね。
仕事をしている時間が、1日の生活で長くなります。
デスクワークでは、ダイエットが効果的にできないと悩む人も多いはず!
でも、実際にはデスクワークであっても無理しないでダイエットは実行できます。

スポンサードリンク

ダイエットはデスクワークでも無理しないで実行できます!

ダイエットしたい、痩せて綺麗になりたいと思う人は多いですよね。
でも、実際ダイエットをしようと思っても、日々の生活もあり、続かない、失敗するという流れに至ることも多いのが現実です。
日々の生活も維持しつつ、ダイエットをするって結構大変なんですよね。
大変だからとあきらめてしまうと、そこですでにダイエットは失敗に終わります。
そんなときは、ダイエットの方法、考え方を少し変えると気楽にダイエッ\トをスタートできます。

私は、ダイエットを成功させるカギは、コツコツ確実にダイエット活動を積み重ねることだと思っています。
そんな私が心がけていたことは、全ての生活においてダイエットを意識することでした。

デスクワークをしている私は、仕事中はダイエット活動できないと当初諦めていました。
でも、デスクワークであってもダイエットを意識して生活してみると、変わることは多くあります。
人間はどうしても楽なものを選んで生活しがちなので、振り返ってみると、変えられることはあるんですよね。

私がダイエットを開始するにあたって、仕事中に気を付けていたことを紹介します。
〇姿勢を意識し、背筋をただすようにこころがける
〇水分摂取をこまめにするようにこころがける
〇トイレへ行ったときなど、肩甲骨周りのストレッチをするように心がける
〇エレベーターやエスカレーター移動ではなく、階段を使用する

姿勢を意識して生活すると、今まで使ってなかった筋肉を使うようになります。
どうしても身体が歪んでいたり、癖があったりして、正しい姿勢ではない状態で日々生活している人が多いです。
背筋をただし、姿勢を綺麗に保つようになると、自然と内臓も適切な位置になり、身体が正常に働いていくと言われています。
結果的に本来持っている自分の体の力が発揮され、ダイエットにつながることとなるわけです。

スポンサードリンク

最初はずっと意識して仕事をすることは難しいです。
でも、ふと気づいたときに姿勢を正し、仕事をしていくことで適切な姿勢を維持できる時間が長くなっていきます。
最終的には姿勢を自然と維持できるようになり、ダイエット後のリバウンド防止につながることとなります。

デスクワークは、身体を動かしているわけではないため、集中していると水分摂取をすることがおろそかになりがちです。
代謝アップのためには、水分を摂取し、余分なものは身体の外に排出することが大切になります。
デスクワークであっても、水分をこまめにとることを心がけるのがおすすめです。
1日1.5リットル~2リットルの水分摂取を心がけると良いです。
フルタイム8時間とすれば、1リットル程度を目安にすると良いのではないかと思います。
私はダイエット開始前、500ml程度しか仕事中に水分摂取していない季節が多かったです。
でも、ダイエット開始後は、1リットル程度の摂取を心がけ、どの季節でも実行できるようになりました。
今ではその水分摂取が当たり前になっています。

そして、トイレなど席を立った時は、肩甲骨周りを動かすストレッチをすると良いです。
肩こりに悩む人も多いと思いますが、肩甲骨周りのストレッチをすることで緩和されることもあります。
肩甲骨周りを動かすことは些細な事だと思われるかもしれませんが、大事なことなんですよね。
肩甲骨周りを動かすことによって、肩甲骨からつながっている多くの筋肉にも効果がもたらされます。
リンパの流れが良くなり、むくみ改善などにつながり、体重減少だけでなく、スタイル改善にもつながります。

デスクワークが主流の私でしたが、書類を違う部署に運んだり、郵便物を取りに行ったりするときがありました。
ついついエレベーターを使いがちでしたが、大きな荷物でなければ、階段を使うようにしました。
また、フロアを移動する必要性がある業務が発生したときは率先してやり、椅子から離れられるタイミングを増やしていました。
歩数が急激に増えたわけではありませんが、些細なことでも大事なことだと思って実行していました。

デスクワークでもできることは意外とあるものです。
また、些細なこと、簡単なことですが、やってみるとダイエットにつながることはあるものです。
デスクワークだからダイエットが効果的にできないかもと心配している人は、少し考え方を変えてみると良いです。

スポンサードリンク

 - ダイエット, 健康管理