84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ハリヤリチキンティッカの作り方|ほうれん草と鶏肉で美味しいメニュー

   

タンドリーチキンというメニューはよく知られています。
似たような感じではありますが、ハリヤリチキンティッカもおすすめです。
タンドリーチキン好きであれば、気に入る人も多いはずです。
タンドリーチキンは黄色ですが、ハリヤリチキンティッカは緑色です。

スポンサードリンク

ハリヤリチキンティッカの作り方|ほうれん草と鶏肉で美味しいメニュー

ハリヤリチキンティッカは、ほうれん草を使った鶏肉料理です。
本場の作り方は違うかもしれませんが、我が家ではタンドリーチキンよりも定番化しつつあります。
基本的な味付けはタンドリーチキンと同じです。
違う点は、ほうれん草ペーストをソースに使用するため、出来上がりは緑色になることです。
また、ほうれん草を使用していることで、ほうれん草の甘さとスパイスが絶妙な感じになることです。

<材料>
〇タンドリーチキンの素
最近のブームは、無印良品のタンドリーチキンの素です。
これが家にないときは、S&Bのカレー粉を使用しています。
〇しょうが
〇にんにく
〇ヨーグルト
〇ほうれん草
〇鶏肉
鶏肉はお好みの部位を選べばよいです。
骨があると食べるときに手が汚れがちだから、鶏もも肉を使用することが多いです。

<作り方>
1.ほうれん草をゆでて、水を切って冷ましておきます。

2.鶏肉の下準備をします。
すでにカットされた鶏もも肉を使用する場合は不要です。
大きめにカットした鶏もも肉が好きなので、私は自分で適当な大きさにカットしています。
手羽元や手羽先を使用する場合は、味が染み込みやすくなるようにフォークでさしたり、包丁で切れ込みを入れておくと良いです。

3.ほうれん草をフードプロセッサーなどで細かくします。

スポンサードリンク

4.ほうれん草がある程度細かくなったら、にんにく、しょうが、ヨーグルト、タンドリーチキンの素を入れます。
ハリヤリティッカ
5.ジップロックなどに鶏肉を入れたら、4.の作業で出来上がったタレを入れます。
軽く揉みつつ、鶏肉全体にタレが混ざる感じにしたら、空気を抜いて冷蔵庫でしばらく置きます。
私は前日に仕込みをして、一晩おいておくことが多いです。
ハリヤリティッカ
6.ダッチオーブンにクッキングシートを敷いて、鶏肉を入れて焼きます。
弱火で30分程度焼いたら、出来上がりです。
フライパンなど他の調理器具でも出来ますが、私はいつもダッチオーブンを使っています。
ハリヤリティッカ

クッキングシートを使うことで焦げ付きにくくなります。
また、最後にタレを鶏肉に絡めたいときにも便利です。
そして、後片付けも楽ちんになります。
ダッチオーブンで焼き上げることで蒸し焼きのようにもなり、チキンはジューシーです。
お店で食べるものはもっと水分が抜けている感じが多いです。
ハリアリティッカ
仕上がりはお店で出てくるものとは異なる面はありますが、私は我が家風のハリヤリチキンティッカも好きです。
野菜と一緒に食べると美味しいです。
スパイスが食欲を増しますし、お酒にも合うメニューです。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ