84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

カレー粉の使い道|豚肉とほうれん草でポークティッカ

   

カレー粉は使いきれないことも多いのではないでしょうか。
せっかくカレー粉があるのであれば、賞味期限切れになる前にカレー粉を上手に活用して、料理ができたらいいですよね。
今回は、豚肉とほうれん草を活用して、ポークティッカを作ってみました。

スポンサードリンク

カレー粉を料理に使うために購入しても、上手に活用しきれないことが多かったんですね。
賞味期限切れになってしまったり、固まってしまったりして、無駄になることもありました。
カレーを作る際に活用すれば量が多く消費できるかもしれませんが、何となくルーの方が楽ちんなので、カレー粉の出番が難しいのが我が家です。

ポテトサラダなどに入れて活用することもありましたが、毎回カレー味というのもどうかなと思うと、消費が少ないんですよね。

どうにか我が家で上手にカレー粉を活用できないかと思って、振り返ってみました。
そうしたら、我が家の定番メニューの一つ、タンドリーチキン系に活用してみると、定期的にカレー粉を消費できそうだと気づきました。
タンドリーチキンを作るとき、タンドリーチキン用のシーズニングなどを使うことが多かったです。
無印良品のタンドリーチキンの素がスパイシーで気に入っていましたが、それを毎回買うのも大変だったんです。
それだったら、材料を混ぜる手間はあるけど、カレー粉を使って、作ってしまえばいいと思ったわけです。

今回は、豚肉とほうれん草も活用して、ポークティッカを作ってみました。
材料は、
〇豚肉(今回はばら肉、約300g)
〇カレー粉 大さじ2
〇プレーンヨーグルト 大さじ1~2
〇にんにくチューブ
〇しょうがチューブ
〇ケチャップ 大さじ1
〇ほうれん草 1束
です。

にんにくやしょうがは、私はたっぷりめが好きです。
お好みで調整すると良いです。
それ以外の材料に関しても、肉の量や好みによって調整するのがポイントです。

作り方としては、
ほうれん草をゆでます。私は電子レンジ調理が好きです。
柔らかくなったほうれん草を冷ましておきます。
冷ましたほうれん草と豚肉以外のスパイスたちをフードプロセッサーに入れます。

スポンサードリンク

ほうれん草が細かくなり、全体的に混ざったら、ビニール袋などに豚肉と一緒に入れます。
軽くもんだら、冷蔵庫で1晩おきます。
ハリアリポークティッカ
1晩おかなくても食べられますが、私は1晩置いたほうが味がしっかりして、肉も柔らかくなる印象があって、好きです。

1晩おいた豚肉を焼き上げたら完成です。
我が家ではよく活用するダッチオーブンで焼きました。
ハリアリポークティッカ
弱火で40分焼いたら、ちょうどよい感じで焼き上がりました。

カレー粉の大量消費とまではいきません。
でも、こうやって上手に活用すれば、今までよりは無駄にすることは減るのかなと思います。
今回豚肉を使いましたが、鶏肉を使っても美味しくできます。
月1回程度は、タンドリーチキン系の料理を食べているため、今後はカレー粉を使って好みのスパイシーさで作って味わっていきたいと思います。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ