84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

じゃがバターのホクホクをキャンプで楽しむ!ダッチオーブンを使った作り方

   

じゃがバターはじゃがいものホクホクさが美味しさのポイントですよね。
でも、ホクホク感がうまく出ず、パサパサになってしまうこともあると思います。
シンプルな料理なだけに上手に作るのは結構難しいものです。
キャンプなどでダッチオーブンを使って調理すれば、そんな悩みは解消されます。

スポンサードリンク

じゃがバターのホクホクをキャンプで楽しむ!ダッチオーブンを使った作り方

じゃがバターは、キャンプやバーベキューにおすすめです。
ダッチオーブンを使えば、美味しいホクホクのじゃがバターが簡単に出来ます。
ほかの料理をしながらであっても、ダッチオーブンにお任せで大丈夫です。

私は、じゃがバターは他の料理と同時調理で作ることがほとんどです。
例えばローストポークやローストチキンと一緒にダッチオーブンで作っています。
他の料理と一緒に作れば、じゃがバターが付け合わせになります。

準備するものは
じゃがいも
バター
塩こしょう
と、一般的なじゃがバターと何も変わりません。

作り方は、洗ったじゃがいもをダッチオーブンに入れるだけです。
じゃがバターだけを作る場合は、そのまま入れるとじゃがいもが焦げ付きやすくなります。
底にアルミホイルを敷いたり、網を入れたりすると良いです。

私のように豚肉や鶏肉と一緒に調理する場合も紹介します。
⇒じゃがバターを他の料理と一緒に作っている様子
他の料理と一緒に作る場合もじゃがいもがダッチオーブンに底にくっつくと焦げちゃいます。
だから、何か他の材料の上にじゃがいもを乗せるなどの対応をすると良いです。
じゃがバターと他の料理を一緒に楽しむ場合は、弱火でじっくり火を入れる料理がおすすめです。

スポンサードリンク

ローストポーク

じゃがいもだけの場合も同様ですが、弱火で40分程度火を入れると、じゃがいもに火が通ります。
つまようじ等でじゃがいもに刺さるようになれば、食べごろです。
熱いうちにじゃがいもに切り込みを入れて、塩コショウ、バターで出来上がりです。

何か特別なことを加えたわけではありませんが、ダッチオーブンを使うことがホクホクのじゃがバターになるポイントです。
キャンプやアウトドアでもおすすめの簡単料理です。
おつまみにもなりますし、子どもも喜んで食べてくれます。
材料も少なくて済みますので、一度挑戦してみて下さい。

じゃがバター ダッチオーブン バーベキュー

スポンサードリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ