84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

バーべキューの片付けの面倒を簡単に解消する方法

      2017/03/18

バーべキューは楽しくて、わいわい盛り上がれるものですよね。
そんなバーベキューで面倒だなと思ってしまうものが、準備と片付けではないでしょうか。
せっかくであれば、盛り上がった勢いのまま、片付けも気持ちよく終わりたいですよね。
バーベキューの片付けの面倒を簡単に解消する方法を紹介します。

スポンサードリンク

バーベキューの片付けは面倒!簡単な解消方法

バーベキューをやった後の片付けは面倒だと思う人が多いと思います。
私も、バーベキューをやり始めたときは、片付けが面倒だなと思っていました。
元々バーベキューが苦手だった私ですが、そうさせた一つの要因が片付けでした。

苦手だった私が、些細なきっかけでバーベキュー好きになりました。
もっとバーベキューが楽しみたいと思ったとき、片付けが楽にできれば良いのではないかと思ったわけです。
そのため、どうしたらバーベキューの片付けの面倒から解放されるのかと色々工夫してみました。

<鉄板に焼きそば等がくっつく>
火力などの調整がうまくいかず、焼きそばってどうしても鉄板にくっついてしまいがちです。
鉄板にくっついた焼きそばは、簡単に取れないんですよね。
無理に焼きそばをはがそうとすると、鉄板が傷ついてしまうかもしれません。
そんなときは、焼きそばを鉄板で作らなければ後片付けが楽ちんです。
鉄板以外で何を使うかというと、大きなアルミ容器を使ってしまうことです。
同じような悩みを持つ人はいるんだと思います。
大人数の調理を一度にする場合は、アウトドア用品などが売っているお店に売られているものを使うと良いです。
少人数の調理であれば、100円ショップにあるアルミ容器でも対応できました。
わざわざ買うのがもったいないと思うかもしれませんが、一度使ってみると良いです。
アルミ容器で作った場合は、出来上がったら火からおろして、テーブル等におけます。

スポンサードリンク

<鉄板やダッチオーブンがお肉の油でベタベタ>
お肉は網で焼くことが多いかもしれません。
でも、メニューによっては鉄板やダッチオーブンを使いますよね。
ジューシーな部位のお肉を使うと、片付けのとき大変なのが、油でベタベタになることです。
家庭でもやっている人もいると思いますが、そんなときはまずキッチンペーパー等で余計な油を吸い取ると良いです。
ベタベタの状態をそのまま洗おうとしても、油分が多すぎて、洗剤も効果的に使えません。
また、洗おうとした手がベタベタになって、その後が大変なことになります。
ある程度キッチンペーパーで拭き取ると、随分片付けが楽になります。
キッチンペーパーは水分をこぼしたときにも役立ちますし、アウトドアでは持参すると便利なものです。

<ゴミがごちゃごちゃ>
最近はゴミの分別が細かくなっています。
アウトドアの場合、ゴミ袋をいくつも用意できないこともあり、ゴミがごちゃごちゃになることが多いと思います。
家に持ち帰って、ゴミを分別する作業って結構面倒ですよね。
そんな悩みを解消しようと思ったら、準備の段階で工夫しておくのが一番楽です。
生ごみが出るのが、一番面倒になるため、私は家で野菜の準備はしています。
例えば、ピーマンの種はとっておく、タマネギは切っておくといった感じです。
焼きそばをやるときは、具材は家で切って置いています。
また、生ごみが出ない調理方法を選択するのも良いです。
例えば、焼き芋や丸ごと焼きナスといった感じです。

工夫しても、どうしても現場でゴミは出てしまいます。
せめて生ごみ系(燃えるゴミ)とそれ以外に分けておくと良いです。
野菜くずなどの生ごみ系は、すぐに傷みやすいです。
他のものに生ごみがついてしまうと、分別時に手につくなど気持ち悪い気分になります。
生ごみ系だけは別処理しておくと良いです。

バーベキューの後片付けが楽になって快適アウトドア

今回は、後片付けが楽になる方法について、私が工夫していることを紹介しました。
他にもいろいろと工夫できることがあると思います。
今後も工夫して、楽しくバーベキューをしていけたらと思います。

慣れれば、準備の段階で工夫できるため、それが後片付けを楽にすることにつながってきます。
バーベキューの楽しみは幅広いため、皆さんも片付け方法を工夫して、思いっきり楽しんでくださいね。

⇒バーベキュー特集記事のまとめ

スポンサードリンク

 - アウトドア