84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

豆苗の再生栽培は室内でも大丈夫?日当たり等どうしたら失敗しない?

   

豆苗は年間を通して低価格で手軽に購入できる野菜ですよね。
豆苗を購入すると、パッケージに再生してもう一度楽しめますと記載されています。
室内で再生栽培してみたときの様子を紹介します。
また、日当たり等失敗しないために注意している点を紹介します。

スポンサードリンク

豆苗の再生栽培を室内で実施した時の様子

豆苗の根っこ部分を残してカットしたら、その根元の部分を再生栽培に使うことになります。
豆苗を購入すると、カットするラインの目安が記載されています。
そのラインを目安にカットすると良いです。
ラインが記載されていなければ、根っこより少し上の部分でカットすれば大丈夫です。
根元に伸びてくるために必要な脇芽があるため、それを残すのが大切です。

今回は、フルーツが入っていた空パックを使って豆苗の再生栽培をしました。
カットした直後の様子を撮影しそびれましたので、その後の様子を紹介します。
時期が違う2回の様子を紹介します。

5月30日(カット日を忘れました)
5月30日 豆苗

6月3日
6月3日 豆苗

スポンサードリンク

10月15日(カット日は10月13日)
10月15日 カット後3日後 豆苗

10月17日
10月17日 カット後5日 豆苗

いずれもちゃんと再生できていますよね。
二度目も美味しくいただきました。

豆苗の再生栽培|日当たり等失敗しないコツ

最初は、豆苗が室内で再生栽培されるのか心配でした。
何回か栽培してみている中で、一度豆苗が傷んでしまって栽培を断念したことがあります。
基本的にはそれほど気にしなくても栽培は成功します。
でも、私が失敗しないために気を付けていることを紹介します。

日当たりは強すぎず弱すぎないところが美味しく育ちます。
あまりグングン成長しすぎても、茎が固くなりがちなので適度がちょうど良い感じです。
私のおすすめは、日が当たりすぎない窓際です。
私の家はキッチンにある窓際で一番ちょうど良い感じです。
お水も入れ替えやすく、成長を見ながら、料理に活用するタイミングも様子をうかがえます。

次は水の入れ替えのタイミングと量です。
水は最低でも1日1回交換することが大切です。
夏場は水の交換を忘れると、すぐに失敗につながるため、要注意です。
私は、朝と晩の2回に水を交換することにしています。
お水の量は、たくさん入れる必要はなく、根っこが水につかっていれば大丈夫です。
豆の部分まで水につけてしまうと、傷む原因となります。
お水は、その都度すべてを入れ替えることが大切です。

上手に栽培できれば、二度目でも美味しく食べられます。
多少固めに仕上がっても、そのシャキシャキ感を楽しめばそれほど気になりません。
何度も挑戦したいところですが、再生させたものをさらにもう1回は伸び方がいまいちでした。
私は購入して1回再生させて、それで終えています。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ, 生活の知恵