84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

あんこの手作りにホームベーカリーで初挑戦!豆の味の濃いつぶあんの作り方

   

あんこは日本らしい食べ物で美味しいですよね。
市販のあんこは、甘さや小豆のかたさが調整できませんよね。
手作りだったら、甘さやかたさの調整ができるのでしょうか。
ホームベーカリーであんこの手作りに初挑戦してみました。

スポンサードリンク

あんこをホームベーカリーで手作りする方法

パナソニックのホームベーカリーを手に入れてから、ずっと気になっていたのがあんこを作るメニューです。
元々あんこ好きだったこともあり、一度やってみたいと思っていました。
モーニングで食べる小倉トーストの美味しさはたまりません。
それが家でも気軽に作れたらと思って、あんこを手作りしてみることを決意しました。
甘さ控えめ、小豆の粒ははっきりしているのが私の好みです。
それが実現出来たらと思いながら、作ってみました。

<材料>
◎小豆 150g
◎水 600ml(最後に小豆を煮る分)
◎砂糖 200g(今回はきび砂糖を選択)
◎塩 少々

上記の量が祖母から聞いたものです。
本当はお砂糖を少し減らす予定でしたが、そのことをすっかり忘れてしまいました。

<作り方>
まず初めにする作業がゆで小豆づくりです。
水で洗って水を切っておいた小豆を鍋に入れます。
小豆が隠れるぐらいの水(材料の分量外)を入れて、強火で沸騰させます。
沸騰したら、中火にして4分煮ます。

一度ざるにあけて、小豆のあくを抜きます。
あずき あく抜き後 あんこ作り

もう一度鍋に小豆を戻して、600ml程度の水を入れて中火で沸騰させます。
沸騰したら、弱火にします。
鍋のふたをして、少しふたをずらしながら、弱火で60分ぐらい煮ます。
途中で小豆の様子を見ながら、必ず煮汁に使っているか確認します。
もし、煮汁から小豆が出そうであれば、水を少し足します。
ゆで小豆 1時間後 あんこづくり

スポンサードリンク

小豆が手で軽くつぶせる程度のかたさまで煮て、ざるにあけます。
ここですぐつぶれる程度まで煮てしまうと、仕上がり時小豆の粒がつぶれやすいです。
粒あんよりこしあん派であれば、ある程度煮たほうが良いかもしれません。

ホームベーカリーの容器に砂糖を入れておきます。
砂糖の上にゆでた小豆を入れます。
あんこ ホームベーカリー 調理前

その状態であん作りメニューを選択して、あとはホームベーカリーにおまかせです。
約1時間後に出来上がりました。
あんこ ホームベーカリー 出来上がり

出来上がりは、あんこの粒がしっかりしていましたが、柔らかさはありました。
小豆がパサパサになることもなく、甘さもしっかり小豆に入っていました。
好みより甘さが強い印象となりましたが、糖度がある分保存が効くはずなので、これで満足です。

粗熱がとれたら、一部は保存容器に入れて冷蔵庫保存です。
残りは、小分けにラップして冷凍することにしました。

途中の過程で小豆の良い香りがして、それだけであんこの仕上がりが楽しみでたまりませんでした。
市販のものより、小豆がしっかりしているし、思ったより簡単にできた印象です。
砂糖の種類や量を変えて、好みの味と仕上がりを探していきたいと思います。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ, 生活の知恵