84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ダイエットに役立つ体重計の選び方|オムロンでアプリ連動が便利?

   

ダイエットや健康管理として、体重の把握は必要ですよね。
どんな体重計を選ぶと役立つのでしょうか。
オムロンかタニタどちらが良いのか?
アプリと連動した方が良いのか?
色々と悩むところですが、どんな選び方がおすすめか実体験から紹介します。

スポンサードリンク

ダイエットに役立つ体重計の選び方

ダイエットに役立つ体重計を選ぶとき、ポイントとなるのは、体重計でどこまで把握するかということです。

体重計と言っても、体脂肪率や筋肉量、基礎代謝量など体重以外にも測定できるものがあります。
そのため、体重だけ測定できれば良いのか、それ以外のものがわかると良いのか決めるのがポイントです。
どこまで数値にこだわるかということが体重計選びの第一歩です。

ダイエットに役立つ体重計を探す場合、体脂肪率や基礎代謝量が分かると便利です。
体重の変化だけにとらわれすぎると、ダイエットの失敗につながります。
体脂肪率の変化を見て、代謝をあげてくれる筋肉が増えているかどうかが把握できます。
また、無理なダイエットで筋肉量が減っていないか確認できます。

基礎代謝量を知ると、痩せるためにどんな食事量や運動量としたら良いか調整しやすくなります。
基礎代謝量があがってくれると、リバウンド防止、その後の健康維持にも役立ちます。

体重計で色々と測定できた方が良いと思うかもしれません。
でも、自分にとって必要な数値はどれか考える方が良いです。
体重計は測定できるものが増えたり、機能が増えたりすると値段も高くなります。

測定したいものが決まったら、あとは小さなポイントで体重計を選べば大丈夫です。

今まで体重計が家にあり、買い替える場合は、注意した方が良いことがあります。
それは体重計のメーカーが変わると、測定値が変わることがあるからです。
体重が変わることはありませんが、体脂肪率や体年齢など測定方法が違うものが変わってきます。
大きく変わるわけではありませんが、今までの記録と同様に比較していきたい場合は同じメーカーの方が良いです。
逆に今まで使っていたメーカーが気に入らなければ、思い切って買い替えるのも一つです。

体重計で測定した値はどうしていますか?
手帳やカレンダーにメモをしたり、アプリに入力したりして管理する場合もあると思います。
月1回とか体重の測定頻度が少なければ良いです。
でも、ダイエット中で朝晩測定したり、毎日測定したりすると記録するのが案外手間ですよね。
そんなときは、体重計で測定した記録をアプリへデータ転送してくれる機能があると便利です。

細かいことかもしれませんが、一番気にかかる体重の値も表示が体重計によって異なります。
体重が変わるわけではありません。
小数点以下どこまで表示してくれるかということが違います。
小さい数値の部分で一喜一憂するのもどうかと思いますが、やっぱり多少でも体重が減ってくれると嬉しいものです。
小数点以下1桁表示が多いと思いますが、小数点以下2桁表示の体重計もあります。
お好みで選ぶと良いです。

意外と忘れがちですが、体重計がどれだけ場所をとるか確認しておくと良いです。
最近は、体重計も薄くなっていて、隙間に立てかけておけるものもあります。
床に出しっぱなしにするスペースのはどうかと思ったら、薄くてしまいやすいものが良いです。

ダイエットに役立つ体重計|オムロンでアプリ連動が便利?

ここからは、私が実際に体重計を買い替えたときの選び方、使い勝手を紹介します。

スポンサードリンク

買い替えるきっかけになったのは、減った状態で維持されていた体重が何となく右上がりになってきたからです。
そして、ダイエット開始後からずっと体重を毎日はかる生活で記録が面倒だなと思い始めたからです。
思い切って体重計を買い替えて、心を入れ替えて、体重管理をしようと思い立ったわけです。

以前の体重計は、オムロン体重体組成計 HBF-912 カラダスキャンです。

体重計

体重計

色々調べてみた結果、買い替えた体重計はオムロン体重体組成計HBF-254Cです。
色は気分を引き締めようと思って、レッドを選択しました。

この体重計を決めた理由は次の4つです。

1.以前からオムロンの体重計を使っていたこと
2.iPhoneでもアンドロイドでもデータを転送できること
3.基礎代謝量が測定できること
4.体重計が自動で自分を認識してくれること

以前の体重計と違う点は、
データ転送
基礎代謝量
自動認識
この3点です。

データ転送は、アプリをダウンロードして、Bluetooth通信でデータ転送できます。
アンドロイドは、NFC通信でデータ転送ができます。
いずれにしても、データ転送は簡単です。

意外と便利な機能は、自動認識機能です。
今までの体重計は、測定する前に事前に登録しているデータを呼び出す必要がありました。
その作業もボタンを何回か押すだけなんですが、めんどくさがりの私にとっては面倒でした。
今は、最初に登録しておけば、体重計に乗れば勝手に自分を認識してくれるので楽です。
今回選んだ体重計は、電源を入れる必要もなくて、乗るだけで勝手に測定されるのも便利です。
前回の測定値も表示してくれるため、アプリなどを見なくてもその場で体重変化も分かります。

以前の体重計よりも表示の文字の大きさも大きく、はっきりした感じで見やすくなりました。

スポンサードリンク

 - ダイエット, 健康管理