84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

エコノミークラスって狭い?

      2015/10/21

海外旅行をするとき、
快適なフライトができると、
より旅は楽しめ、疲労感も少なくて済みます。

快適さを求めるのであれば、
ビジネスやファーストクラスで
行けばいいじゃないかということですが、
一般の人にとっては、
手の届きにくい金額ですよね。

スポンサードリンク

エコノミークラスの狭さ

エコノミークラスで行くことが当たり前であるため、
太っていたころは、やはり座席の狭さが気になるところでした。

海外旅行をし始めた頃に比べれば、
今はエコノミーでも
快適さは増しましたが、
太っている人にとっては、やはり狭いです。

時差ボケ防止のため、
寝て過ごすことも多い機内。

例え隣の席が知り合いだったとしても
寝ているところを起こして、
席を立つことには抵抗があります。

スポンサードリンク

また、長距離フライトになると、
機会を見て、席を立たないと
身体は痛くなるし、血流の滞り、
浮腫むこともあります。

利用する飛行機会社によっても、
座席間隔は違うものの、やはり窮屈です。

エコノミークラスでも痩せて快適

そんなフライト生活ですが、痩せたことで
隣が座った状態でも、座席の隙間を通り、席を立てる
イスの上で三角座りができるようになった、
狭いスペースでも、体が思ったより動かせる
といった変化があり、快適さが自然と増しました。

シートベルトが長く余ったり、
トイレの狭さが軽減されたりといったことも感じています。

何となく残念な感じていることとしては、
食事やおやつの余りをサービスだと持ってこられたり、
なぜかクッキーが隣より一枚多かったりといったことは、
減ったのかもしれません。

今までの旅行も満喫してきていましたが、
引き続き旅行が楽しめる人生を歩んでいけそうです。

スポンサードリンク

 - ダイエット, 旅行