84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ビーフシチューもダッチオーブンで簡単?前日の仕込みは必要?

      2016/05/07

寒さを感じてくると、
煮込み料理が恋しい季節になりますね。

クリスマスも近くなりますし、
パーティー料理にもなる
「ビーフシチュー」は、いかがでしょうか?

カレーが家庭料理の定番ですが、
ビーフシチューもカレー同様に
簡単に美味しくできるのであれば、
やってみようと思いませんか?

スポンサードリンク

ビーフシチューもダッチオーブン効果で簡単にできる

ダッチオーブンを使ったカレーの作り方は、
以前に紹介しました。

基本的には、ビーフシチューも同様に作れます。

カレーのルーをビーフシチューのルーに
変えればいい感じです。

本当にダッチオーブンって便利ですね。
最近は、ガスコンロに入れるタイプがあったり、
ダッチオーブン用の調理モードがあるコンロがあったりするため、
興味がある方は手にしてみる価値のある調理器具です。

<ビーフシチューの材料>
〇お好みの牛肉(牛すじ肉、牛すね肉、牛テール肉)

 肉はお好みで良いと思いますが、
 手に入れば、牛テールが特別感が一番出る気がします。
 クリスマスや誕生日パーティーなど
 記念日には牛肉にこだわってみるのもおすすめです。
 ダッチオーブンを使うため、
 お肉はできるだけかたまりで購入できると
 出来上がったときのホロホロ感をたっぷり味わえます。

〇お好みの野菜(にんじん、じゃがいも、きのこ類など)
 野菜は大きめに切ると崩れず、柔らかく仕上がります。
 大きさはバラバラになっても、いつも気にしてません(笑)
 ワイルドな切り方でも全然問題ないです。
〇玉ねぎ、トマト
 この2つの野菜は忘れずに入れると良いです。
 玉ねぎは1.5㎝ぐらい厚めのスライスでがいい感じです。
 トマトはホール缶でも大丈夫です。
〇赤ワイン
〇ビーフシチューのルー
〇にんにく
 にんにく好きのため、にんにくが欠かせませんが、
 無くても良いです。
〇パイナップルやキウイ

材料に特別こだわることもなく、
日頃のビーフシチューの作り方を
ただダッチオーブンを使うだけです。

調理器具を変えるだけで
出来上がりは全然違います。

家庭でやってもいいし、
もちろん屋外でバーベキューの時などに
贅沢にやってみるのも良いと思います。

ビーフシチューをダッチオーブンで作るときも前日仕込むべき?

今まで何度か作ってみた感じでは、
お肉のかたまりが大きい場合は、
前日の仕込みをすると良いと思います。

ダッチオーブンの圧力鍋効果で
お肉は勝手にホロホロ柔らかくなるわけですが、
前日の仕込みでもっとその効果は高まる気がします。

スポンサードリンク

お肉のホロホロ感を高めたい人、
せっかくやるなら前日から仕込みたい人、
より美味しさを求めるならば、
ぜひ前日からひと手間かけてみてください。

<前日の仕込み内容>
タッパーなどに
牛肉とパイナップルやキウイを入れて、
赤ワインを牛肉が隠れるぐらい入れるだけです。

☆赤ワイン
☆パイナップル
☆キウイ
このどれもが肉を柔らかくする効果があるようです。

赤ワインはお肉を柔らかくする効果よりも
肉の臭み消しに効果を発揮してくれる気がします。

一晩つけたら、
翌日にはすべて具材として入れちゃいます。

前日に仕込むと言っても
ただこれだけのことです。
簡単なことですので、
やってみる価値はあると思います。

ダッチオーブンを使ったビーフシチューの作り方

1.オリーブオイルで牛肉の表面が軽く焼けるまで炒める
2.一度牛肉を取り出して、玉ねぎを炒める
3.玉ねぎを軽く炒めたら、他の野菜も一緒に炒める
 (玉ねぎをよく炒めなくても美味しく出来上がります)
4.取り出してあった牛肉を戻す
5.ダッチオーブンの蓋を閉め、弱火で赤ワインを入れて煮込む
 (気が向いたら、アクを時々とる)
 (ワインの量がルーの記載量に足りなければ、水を足しても良いです)
6.ある程度煮込んだらルーを入れる
 (最低30分ぐらいは煮込んだらルー投入で良いと思います)
7.ルーを入れたら、さらに煮込む
 (だいたい我が家は、1時間ぐらい煮込んでいます)

煮込む時間は、お好みで良いと思います。
とろみがつけばいいし、
肉や野菜の具合を見て調整すれば大丈夫です。

ダッチオーブンは火を消しても
しばらく熱さが保たれるため、
時間があれば一度火を止めておいて、
食べる直前に再度温めなおすのがおすすめです。

最後に

今回、写真を撮り忘れたため、
出来上がり具合を伝えきれなくて申し訳ありません。

ビーフシチューもダッチオーブンを使えば
簡単にお肉は柔らかく出来上がるため、
まずやってみて、実際に体感してみてください。

前日の仕込みもささいなことですが、
違いが出ると思いますので、
試してみるとびっくりします。

美味しく作って、
幸せな気分を堪能してみてください。

我が家は年末年始に作って、
ビーフシチューで年越ししたことがあります。
2日目のビーフシチューは、
お肉の形がなくなるほどの煮込み具合です。
ドリアにしても美味しいし、
何食か楽しめます。

⇒ダッチオーブン料理メニュー一覧

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ