84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ラスベガスのバフェを半額で楽しむ!ベラッジオのメニュー紹介

   

ラスベガスで一度は体験してみたいのがバフェですよね。
レストランそれぞれによって料金やメニューが違います。
ベラッジオのバフェをお得に楽しむコツと
バフェのメニューを紹介します。

ベラージオ バフェ 料金

スポンサードリンク

ラスベガスのバフェを半額、お得に楽しむ方法

ラスベガスのバフェ、いわゆるバイキングですが
結構金額が高いんですよね。
バフェを楽しむ時間帯によっても料金が
変わるレストランが多く
朝食の方が価格が低く設定されていることが多いです。
でも、旅費を抑えながら、楽しもうと思っている人にとっては
毎日バフェで朝食をと思うと、大変だと思います。

今回は、ベラッジオでディナーの時間帯に
バフェへ行ってきました。
マイベガスという無料ゲームで遊んで
2人で利用時1人分無料というクーポンを利用したため
実質半額でバフェを体験することができました。

私が利用したときは1人35.99ドルのディナー時間だったため
クーポンを使って、2人で35.99ドル+税金2.93ドルで利用しました。

そういったサービスを活用すれば
お得にバフェを楽しむことができるため
旅行計画時から準備しておくと良いです。

⇒マイベガスの遊び方

ラスベガスのバフェ|ベラッジオディナーの様子

利用してみた感想としては
思った以上にメニューがたくさんあったというのが一番でした。
値段は高いですが、正直あまり期待していなかったんですよね。
でも、行ってみると味は美味しかったし
色々な種類を少しずつ楽しめて満足できました。

なかなか野菜を食べる機会がなくて困ってましたが
生野菜が美味しかったため、サラダを楽しみながら
肉料理などが一緒に楽しめました。

ベラッジオ バフェ

サラダ用のドレッシングは何種類かありましたし
生野菜はフレッシュで美味しかったですね。

ベラッジオ バフェ

メイン料理に関しては
肉料理はビーフ、ポーク、チキンとそれぞれあって
ベラッジオ バフェ

イタリアン系のピザやパスタ、ラザニア・・・

ベラッジオ バフェ

スポンサードリンク

ベラッジオ バフェ
中華系のシュウマイ、青菜炒め、チャーハン・・・
ベラッジオ バフェ
エスニック系のタンドリーチキン・・・
和食系のお寿司、海鮮サラダ・・・
ベラッジオ バフェ
とバリエーションに富んでいました。

チーズ、スープや各種パンもあるし
好き嫌いがある人でも困ることはない印象です。
ゆでたカニもたくさんありました。

ベラッジオ バフェ

そして、最後のデザートとしては
フルーツ
ケーキやプリン、ソフトクリームと
これまた色々な種類がありました。
スイーツバイキングだけでも十分そうな印象です。

ラスベガス バフェ

ラスベガス バフェ

ラスベガス バフェ

ソフトドリンクはフリードリンクです。
オーダー制ですが、飲み物が無くなりかけると
お代わりをどうするか確認に来てくれて頼みやすい感じでした。

バフェは色々な種類のメニューがあるため
自分の好きなものを好きなように食べられるのがやっぱり醍醐味ですよね。
旅行中は食べるものも偏りがちのため
自分で野菜を多めにとれるのは良かったですね。

味付けの雰囲気が日本とは違うメニューもあるため
まずは少し食べてみて気にいったものは再度食べるぐらいがちょうどいいです。

スイーツの甘さには負けちゃいましたが
うまく出会うとたくさんの種類のスイーツの中でも
甘さ控えめのものもありますので、色々と楽しんでみてください。

待ち時間が長くなってしまう時間帯もあるため
食事の時間帯にこだわらないのであれば
少し時間帯をずらしてみると良いと思います。

⇒ラスベガス旅行体験記

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ, 旅行