84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ラスベガス発モニュメントバレー&アンテロープキャニオン1泊2日オプショナルツアー体験

   

ラスベガス発のツアーは色々な種類が販売されています。
自然を堪能できるツアーが様々な方面であります。
今回は、ホースシューベントとモニュメントバレー
アンテロープキャニオンへ行くツアーへ参加してみました。
ツアー参加時の様子を紹介します。

スポンサードリンク

ラスベガス発ツアーの選び方

私が今回利用したツアーの行程は、
1日目:ラスベガス⇒ホースシューベント⇒モニュメントバレー
カイエンタに1泊
2日目:アッパーアンテロープキャニオン⇒ロウワーアンテロープキャニオン⇒ラスベガス
という1泊2日ツアーです。
日帰りツアーも多くありますが、1泊ツアーを選択しました。

グランドキャニオンやイエローストーン、ヨセミテ等ラスベガスから行ける国立公園はたくさんあります。
パワースポットとして知られているセドナもラスベガスから行ける候補地となります。

自然が堪能できる場所はたくさんあり、ツアーも会社によって様々です。
同じようなプランでも微妙に違っていて値段も様々でした。

自力で行くことは考えておらず、ツアー手配を当初から考えていました。
でも、なかなか決めにくくて色々と検索したり、問い合わせしたりして決めていきました。

ツアーの決め手として選んだのは、
1.私が一番行きたかったのは、「アンテロープキャニオン」が堪能できそうなこと
2.多くのスポットをあわただしく廻らない行程だったこと
この2点となりました。

ラスベガスの飛行機やホテルを手配してもらったツアー会社でも、アンテロープキャニオンへ行くツアーを紹介してもらいました。
でも、ネットで検索して、自分たちで個別に予約しました。

アンテロープキャニオンは、世界の果てまでいってQでイモトが行ったことでも知られており、にじいろジーンなどテレビ番組で取り上げられたことがあるスポットです。
また、ミュージックビデオなどの撮影にも使われています。
私も以前テレビで見てずっと行ってみたかった場所です。

実際このツアーを選んで参加してみた感想です。
時間に余裕がある流れであったため、一か所ずつゆっくり見て回ることができました。
また、定番のコースではなかったため、偶然にも私たちしか参加者がいなかったのも好都合でした。

ホースシューベントは、もっと崖っぷちで覗き見る形で写真を撮りたかったですが、怖くて無理でした。
本当に馬の蹄のような形になっていたのには、驚きました。

スポンサードリンク

ホースシューベント

モニュメントバレーは、映画の一場面を思い起こさせるような独特な雰囲気でした。
自然の広大さ、神秘を感じるスポットでした。

モニュメントバレー

待ち望んだアンテロープキャニオンは、予想以上の感動でした。
もっと混雑が少なければ、その空気感を思う存分味わえたと思います。
なかなか見ることのできない光景は、素晴らしいものでした。
写真の撮影枚数も膨大で、それだけ興味が高かったスポットだったんだと旅行後にも思いました。

アンテロープキャニオン

いずれのスポットも人に写真を見せると、驚かれます。
そのぐらいの場所でありますが、実際に行ってみるとさらなる感動です。

ラスベガスから出ているツアーは、本当に様々です。
移動時間がいずれにしても長くなりますので、自分にとって無理のない流れを選んだ方が良いと思います。
何度も行ける場所ではないと思います。
でも、ある程度自分の目的を絞って、ツアーを選ぶとそれだけツアー後の満足度も高くなるのではないでしょうか。

安いツアーを選んで、多くの人と団体バス移動となり、疲れただけではもったいありません。
値段だけがすべてではないでしょうが、細かい部分までよく見てツアーを選ぶのがおすすめです。

⇒ツアー1日目モニュメントバレー

⇒ツアー2日目アンテロープキャニオン

スポンサードリンク

 - 旅行