84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

旅行中の洗濯は手洗いで十分?必要な便利グッズと使い方

   

旅行が長期的になった場合
洗濯物をどうするか悩みますよね。
日頃洗濯機を利用することが多いと
手洗いで大丈夫かと心配になるでしょうし
何をどう持っていけばいいか困りますよね。
私が長期旅行の洗濯対策について紹介します。

ベラージオ 洗濯

スポンサードリンク

旅行中の洗濯は手洗いで十分?綺麗になるの?

洗濯機に日ごろ頼りっぱなしだと思いますが
旅行を機に手洗いの良さも体感してみるのがオススメです。

手洗いの方が手間がかかるのは確かですが
少ない量の洗濯物であれば
お風呂上りなどにササッと洗えます。

ベラージオ お風呂

汚れが落ちにくいのではないかと心配されるかもしれませんが
ちゃんと汚れは落ちるし、全く問題ありません。
むしろ元々汚れが目立つ状態であれば、きっと手洗いの方がよく落ちます。
洗濯機に入れる前に汚れがひどいと手洗いすることありますよね。
そう思うと、やっぱり手洗いって大切ですし、
それだけ汚れを落とす効果があるってことですよね。

そして、手洗いの方が、洗濯機より生地が傷みにくいし
洗える衣類の幅も広いのも嬉しいところです。

元々服や下着などをたくさん揃えない私にとって
長期旅行になった場合、まず数を揃えるのが大変です。
1週間近い旅行となると、その前後の分も考えてみると
特に下着がいつも困るんですよね。

1週間以上の旅行の場合は
洗濯するものだと思って、旅行に出かけています。
ホテルのランドリーサービスや
コインランドリーなども便利ですが
お金もかかりますし、下着などはお願いしにくいため
やっぱり手洗いが便利という結論になっています。

また、旅行が短くても連泊する場合等
部屋で衣類を干しておける場合は
下着や靴下など小物類は洗濯して利用することもあります。

手洗いした衣類を着て、旅行中に困ったことは
今までにありません。
荷物が減らせるし、ホテルの部屋が乾燥していれば
乾燥対策にもなるため、そういった面でも助かっています。

スポンサードリンク

旅行中の洗濯手洗いを便利にするグッズと使い方

旅行用の洗濯グッズは毎回用意するのが面倒だし
旅行準備が直前の私の場合は、事前に用意しておくことが大切となるため
キャリーケースの中に洗濯グッズを入れて保管しています。

私が持参している手洗い用の洗濯グッズ
〇洗剤(粉末洗剤) 
〇柔軟剤(お試し用サイズ)
〇靴下等用に洗濯ピンチハンガー(ピンチ10個ぐらい)
〇洗濯ばさみ(ループ付き)
〇ジップロックや衣類圧縮袋
〇吸水性が高いタオル(スイムタオル)

これがいつものグッズです。
それぞれの小さなこだわりを紹介します。

まず洗剤についてです。
自宅では液体洗剤を使用するわけですが
旅行では粉末洗剤を持参しています。
その理由は、粉末の方がこぼれる心配が少ないし
持ち運びが便利だからです。
また、自宅で余ってしまう粉末洗剤を活用するために
旅行中は粉末洗剤を活用しています。
液体洗剤より粉末洗剤の方が少しの量で
洗浄力も高いため、手洗いには便利で最適なんですよね。

次の柔軟剤は試供品のものを
旅行用に活用しています。
持参していても、ほとんど使うことがないのが現状ですが
気分的に柔軟剤を使いたいときのために持参しています。
ということで、これは無くても困ることはないと思います。

続いて洗濯物を干すためのグッズです。
小物を手洗いすることが多いと思うため
ピンチが数個ついたハンガーが一つあると便利です。
1日履いた靴下も洗って気軽に干しておけるし
下着も干しやすいです。

そして、案外便利なのがループ付きの洗濯バサミです。
ただの洗濯バサミを持参するより、
ループ付きの方が断然便利です。
ループは物干しざおの太さぐらいまでは余裕で通せるため
棚やタオルかけなどを活用すれば
洗濯が干しやすくなります。

以前は洗濯ロープを持参していましたが、
ロープの使える場所をうまく見つけられないことが多くて
最近は持参しなくなりました。

ジップロックや圧縮袋は洗面器代わりです。
海外の場合、洗面台やお風呂が浅くて
お湯や水を貯めにくかったり
水量が弱くてなかなかたまらなかったりするんですよね。
普通の袋よりジップロックや圧縮袋は丈夫にできているため
洗濯物を入れてもみ洗いや押し洗いをしても大丈夫ですし
洗濯物をふんわりかき回して洗ったりするにも便利です。

吸水性の高いタオルは早く乾かすために
脱水代わりで活用しています。
スイムタオルは、吸水性が高くて
水を絞れば再び吸水してくれるんですよね。
洗った洋服を雑巾絞りしてしまうと生地の傷みが心配ですよね。
洗った服を挟んで軽く押したり、くるくる巻いたりして
スイムタオルに水を含ませると優しく濡れた服の水分を減らせます。

以上が手洗いで洗濯するときに利用しているグッズです。
リゾート地などで洗濯物が多くなりがちで
コインランドリーを使うことが前提の旅行の場合は
手洗い洗濯グッズに洗濯ネットを加えて持参しています。

スポンサードリンク

 - 旅行, 生活の知恵