84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

スキレットはお弁当づくりにも便利|つくねも簡単

   

お弁当は、少量を何種類か作りたいため
大きな調理器具だと作りすぎたり面倒だったりしますよね。
スキレットは、そんな悩みを解消し
お弁当づくりにも便利な調理器具です。

スポンサードリンク

スキレットはお弁当づくりに便利!

スキレットはお弁当づくりに便利な調理器具です。

お弁当づくりは、少量を何種類か作ることが多いため
フライパンでは大きすぎだと感じることもありますよね。
また、お弁当はできるだけ短時間で作りたいですよね。

そんなお弁当づくりには、スキレットは便利で
役立ってくれるはずです。

なぜお弁当づくりに便利かというと
「少量を調理するときに使いやすい」
「熱伝導率が良いため調理時間の短縮ができる」
「様々な調理方法に活用できる」

というスキレットのメリットがあるからです。

スキレットは日ごろから使っていた方が
油が馴染み、より調理しやすくなります。
せっかくスキレットがあるのであれば、
日々のお弁当づくりに活用して便利さを味わうのがおすすめです。

スキレットで美味しい鶏つくね

スキレットは様々な料理ができますが
今回は鶏つくねを作ってみました。
鶏つくねは、味付けや具材をアレンジすれば、
子どもから大人まで幅広い年齢層が楽しめるメニューです。
また、冷凍保存したものを活用することもできることも助かります。

<材料>
鶏ひき肉 200g
しいたけ 2個
長ネギ 1本
しそ 3枚
にんにく 3片
しょうが 3㎝
卵 1個
マヨネーズ 大さじ1

~タレ~
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
はちみつ 大さじ1
酒 大さじ2
酢 大さじ1

スポンサードリンク

本当はお豆腐を入れて、カサを増しながら
フワフワにする予定でしたが、家になかったため、
今回は家にあった野菜をたっぷりめに使ったつくねです。

また、お弁当だけでなく、おつまみにもなるように
つくねを作ったため、にんにく、しょうがは多めになっています。

お好みのアレンジをして、つくねを作ってみてください。

<作り方>
みじん切りにした野菜とにんにく、しょうが、卵を入れて
つくねのタネを作ります。
粘り気が出るぐらいまでよく混ぜるのがポイントです。

タネができたら、スキレットに油を適量入れて
弱火~中火で焼いていきます。
途中でひっくり返しながら焼きます。
蓋をしながら焼くと適度に蒸されて
中までしっかり火が通ります。

両面が焼けたら、混ぜておいたタレを入れて
照りが出るまでひっくり返しながら焼いたら出来上がりです。

鶏つくね スキレット

写真はおつまみ用に作った大きなつくねですが
お弁当用は小さめのつくねを同様に焼いて作れば大丈夫です。

まとめ

スキレットが家にあるけど、使う時がなくてという人もいるかもしれませんが
使ってみると案外便利なものです。

我が家ではお弁当づくりにはもちろんですが
日々の食事にも活用しているため
ほぼ毎日使われている調理器具です。

ぜひスキレットの便利さを知ってみると良いと思います。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ, 生活の知恵