84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

海外旅行の計画の立て方|いつから考えるのがいいの?

      2016/09/27

海外旅行は国内旅行と違い
時差を考慮したり、飛行機の乗り継ぎ時間を考慮したりと
予約をするときに考えることがたくさんあります。

様々な旅行プランの中から、どう選んで予約するかによって
旅行の流れが大きく変わることもあります。

おすすめの海外旅行の計画の立て方、コツについて紹介します。

スポンサードリンク

海外旅行を予約するときのプラン比較方法

海外旅行は、どうやって予約していますか。
航空券とホテルを別々に予約するような個別手配で
予約する人もいると思いますし
パッケージツアーを予約する人もいると思います。

個別手配ができる人は、旅行慣れしていることが多いと思われるため
今回は、パッケージツアーを予約する場合のプラン比較方法について紹介します。

パッケージツアーを探したいと思った場合
手軽にすぐにいつでもできるのは、
「海外旅行検索サイト」です。

最近は、インターネット検索することができれば
「海外旅行 予約」「海外旅行 比較」「海外旅行 検索」等
関連するキーワードを入れれば、様々な検索サイトがすぐ見つけられます。

見つかる検索サイトとして、最初のページに表示されるものは
大手旅行会社のホームページもありますが
各種旅行会社のプランを一度に比較できる専門サイトも多くあります。

旅行会社にこだわりがなければ
まずは一度に比較できる旅行検索サイトを見てみることをおすすめします。
例えば、

マイツアー

トラベルコちゃん
エイビーロード
TripAdvisor (トリップアドバイザー)

Travel.jp
エクスペディア

Agoda

Yahoo!トラベル

楽天トラベル
JTB

等が各種の旅行会社の比較ができるサイトです。

どこの旅行比較サイトを使用しても、検索した結果は
同じプランにたどり着くことが大半です。
そのため、まずはどれか自分が見やすいと思う旅行比較サイトで
自分が求める検索をしてみれば良いです。

そして、その結果を踏まえて、念のため他のサイトで
同様の検索をかけてみて、比較して、最終確認する流れが楽です。

旅行会社もプラン等すべて同じであっても、
予約方法がカードか振り込みか違っていたり
それぞれのサイトがキャンペーンをやっていて
お得に利用できる場合があったりします。

同じ内容で安いと思って、よく確認してみると
空港使用料を含むか含まないか
税抜か税込かによって違うだけのこともあります。

また、同じ旅行会社を扱っているサイトであっても
サイトとの提携具合によるのか、検索されるプランの種類が違うことがあるため
おおよそ旅行プランが絞られたら、最終調整をした方が後悔することは少なくなります。

わざわざ最終比較することが面倒であれば
もちろん最初の検索結果から予約してしまっても問題ありません。

サイトで旅行予約する場合のメリットとしては
自分の都合が良い時間帯で手続きが進められることです。
多くのプランが、ネット上で空席照会や予約手続きが進められ
回答はメールで返信されることが多いです。
メールでのやり取りのため、質問や確認事項があると
即時完了できるわけではありませんが
日数に余裕がある場合は、メール内容を保存しながら
後で振り返りつつ、予約まで進められます。

また、複数のプラン照会をすることができ
その後のやり取り状況で信用できる旅行会社かどうかも確認できます。
直接会うことが少ない分、ちょっと聞きにくいことでも
ストレートに確認できるのも便利です。

ここまでサイト検索と比較して、予約する方法を紹介しましたが
もっと比較したいのであれば、旅行会社の店頭におかれているパンフレットも
確認しておくのも良いです。
インターネットに掲載されているプランと店頭におかれているパンフレットのプランは
同じだろうから、わざわざ店頭に行く必要がないと思いますよね。
でも、私が見てみた感覚では、白黒で簡易的に刷られたプランなどは
店頭でしか見かけられなかったものもありました。

また、店頭でもネットでも予約できるプランの場合は
比較はネット上で実施して、最終予約は店頭という流れも良いです。

そして、地方から海外旅行する場合
利用する空港によって、最終的な旅費が異なりますし
前後泊が必要になる場合もあります。

出発地の空港によって、選べる飛行機の便が異なり、
乗り継ぎの待ち時間や場所も変わり
旅行を有意義に過ごせるか否かが変わってくることもあります。

サイトだけを比較していても見えにくい部分ですが
ある程度プランの候補を絞ったら
価格だけにとらわれず、自宅から出発して帰宅するまでの
実際の旅行行程をシミュレーションしてみることが
満足度の高い旅行につながるはずです。

サイトで検索したプランを比較するとき、タブを個別に開いて確認することも多いと思いますが
似たようなプランが表示されますし
一度にすべて決めようとすると、途中で頭が混乱してきて
よくわからなくなることがあります。

スポンサードリンク

そんなときは、興味をもったプランの内容を
何らかの方法で保存しておいて、
少し時間をあけて、確認し直すと良いです。
私は、旅行プランの比較をするときは
検索結果のプランが表示されているページを
Evernoteに保存しておいて、確認しています。

海外旅行を予約したときの実体験

具体例がないと分かりにくいと思いますので
ラスベガス旅行を予約したときの実際の様子を紹介します。

最初に実施したことは
エイビーロードを使って、ざっと検索することです。
旅行会社へ行っている暇がなく、夜の時間帯にゆっくり調べたかったため
まずは旅行比較サイトを使ってみることにしました。

今回は、
「出発日の候補日」「旅行日数の上限」「行き先」
については、最初から決まっていたため
それを検索項目に入れて、安い順でプランを見てみました。

自宅から最寄りの空港としては中部国際空港ですが、
上位に表示されてくるプランは
羽田空港か成田空港を出発地としたものでした。

たくさんのプランが検索されるため、
次は出発地を絞った方が効率よく検索できます。

中部国際空港と関西空港も表示されますが、
どちらの空港を使用しても
興味がそそられる程度は同じであったため、
関西空港を出発地としたものは除外しました。

絞っておいた方が良い空港としては
羽田か成田かということです。
成田空港は、以前使用したとき、
面倒だった印象があるため、除外しました。

結果として、出発地は「羽田」「中部」で絞ることにしました。

ここまで検索へ制限をかけても、多くのプランが表示されます。

次に実施したことは、ラスベガスへ行ってやりたいことが
実現できるプランはどれかという視点でプランを見ることです。

それと並行して、ホテルの立地を調べて
宿泊したいホテルを絞ることです。

ちなみにラスベガスへ行って実現させたいことは
シルクドソレイユのショーを見ること
アンテロープキャニオンへ行くこと
ということが、大きな目的です。

目的達成できるプランで候補を絞っていくわけですが
結論としては、どこのホテルへ泊まっても
実現できる状況だったため、ほとんど絞れませんでした。

そのため、一度は泊まってみたいと思った
ベラージオに泊まり、シルクドソレイユはホテル内で見られるオーに決めて
プランを絞っていくことにしました。

ホテルが決まったら、ホテルで検索を絞れば良いわけですが
注意した方が良いのが、他のプランに追加料金をして
実現できるプランが存在することです。
そのため、ホテルで絞る前に気になっていたプランに関しては
追加料金でホテルをランクアップできないかということを確認しておくのが良いです。

ここまで来ると、随分プランが絞られていきます。
気になったプランに対して、自分が実現したいことを伝えながら
空席照会をしてみる作業に入ります。

その結果としてはフリープランにして
オプショナルツアーを予約する形も候補として新たに加わっていきました。

この経過で様々なプランに出会っていますが
検索して興味を持ったプランは、すべてEvernoteに保存し
問い合わせ後の回答もEvernoteに残しています。

この時点で旅行会社へ訪れられる時間ができたため、
近場にある旅行代理店へ訪れてみました。
店の数がたくさんあるわけではありませんが、
JTB、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、HISに立ち寄りました。

パンフレットを確認して、興味がそそられるプランがないか確認します。
また、お店の人に気になることは聞いてみます。
気になったプランがありましたが、旅行期間が対象外の時期だったため
同様のプランが実行できないか聞いてみたり
パンフレットの入れ替え時期を聞いてみたりしました。

店頭に足を運んだわけですが、今回はサイトで検索されたプランを選び
ネット上で予約を実行することとしました。

出発日が決まり、羽田空港利用、ホテルはベラージオということで
飛行機往復とホテル宿泊代が含まれているプランを選び
シルクドソレイユのチケットを別手配で依頼しました。

ANAマイレージが貯まるプランだと良かったですが
安さもある程度考慮したこともあり、
どの航空会社でもマイルは貯まらなさそうだったため
航空会社はまだ乗ったことのないアメリカン航空にしてみました。

アンテロープキャニオンへ行くプランに関しては
旅行代理店から提示された候補のプランが
希望と違ったため、アンテロープキャニオンへ行くプランは
違う会社で手配しました。

ほとんどのやり取りがネット上、メールが中心でした。
手配の関係で急ぎ確認する事項が発生したため
何回か旅行会社と電話でやり取りすることもありました。

ここまでで旅行行程の大半が決定しました。
羽田空港を選択したため、羽田空港までであれば
飛行機を使わなくても、新幹線などで不便さは小さいため、
羽田空港までの行程は、この時点で未確定です。

メインの行程は、旅行開始の約4か月前に予約でしたが、
羽田空港までの行程、後泊のホテルの手配は
旅行開始の約1か月前に完了させました。
当初は、新幹線とホテルを別々に予約するつもりでしたが
結局JR東海ツアーズで販売されている
往復ひかり指定席+ホテル1泊分のツアーを予約しました。

旅行を調べ始めた時期は旅行開始の5か月前ぐらいで
約1か月間でプランを検討、調整し、予約に至りました。
過去には、その日のうちに思い立って探して
予約完了させたこともあります。
いずれの方法で予約したとしても、自分が納得していれば
どうにかなるものです。

それぞれ海外旅行予約までの流れは違うと思いますが
自分なりのコツをつかんで、満足度が高い旅行を計画して
実行してみてください。

⇒ラスベガス旅行体験記

スポンサードリンク

 - 旅行, 生活の知恵