84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

BBQの持ち物で便利なもの|女子力をアピールしたい人必見!

      2017/03/18

BBQ(バーベキュー)は、男性が頑張るイメージがあるかもしれませんが、
女性が女子力をアピールできる良い機会でもあります。
最近はバーベキューデートをしている人もいますし、
バーベキューを楽しく快適に過ごすためにもまずは持ち物が大切です。

スポンサードリンク

BBQの持ち物で便利なグッズ|女子力アピールにおすすめ

最近は、バーベキューする場所によっては様々なものがレンタルできたり、
食材も持ち込まなくても購入出来たりする場所もあります。
とは言っても、一般的にはバーベキューをしようとすると、
何かと荷物が増えがちです。
そして、荷物を多く持って行ってるにも関わらず、
実際バーベキューをしたら、足りないものがあるということもよくあります。

バーベキューをする場所は、自然豊かなところでやることも多く、
忘れ物があると購入することも難しいことがあります。

ぜひ持っていくと良い便利グッズは、
忘れずに持参することをお勧めします。

バーベキューデートをすることも最近はあると思います。
バーベキューは火おこしなどがあり、男性に任せれば良いと思うかもしれませんが、
女性が力を発揮できるところはたくさんあり、協力が必要です。

女子力がアピールできるおすすめなバーベキュー便利グッズとしては、

  • ウェットティッシュ
  • 絆創膏
  • キッチンペーパーやラップ
  • 虫よけグッズ
  • 日焼け止め
  • 消臭グッズ

ウェットティッシュに関しては、
手を拭けるのはもちろんですが、汚れ物を拭くこともできます。
大きなウェットティッシュを持参するのも良いですが、
男性が用意してくれているかもしれませんし、
日ごろ持ち歩いていることをアピールしたいと思えば
携帯用のウェットティッシュの持参がお勧めです。

ウェットティッシュ

そして、案外忘れてしまいがちなのが、ケガなどの応急処置グッズです。
バーベキューをしていて、よくありがちなのが小さなケガです。
絆創膏程度であれば、荷物は多くならないし、
万が一のときにサッと出すと女性らしい感じがしますよね。
最近は傷口を綺麗に洗ったら、消毒はせず、
自分の力で治していくのが良いと言われているため、
張り切ってあれこれ応急グッズを持参することは不要だと思います。
絆創膏を使わなかったとしても、持っていることを伝えるだけで印象は違います。

絆創膏

スポンサードリンク

バーベキューへ行くときは、調理用品を様々持参しますよね。
アルミホイルは持参しても結構忘れがちなのが、キッチンペーパーやラップです。
キッチンペーパーは、トイレットペーパーやティッシュよりも吸水性もよく
何かこぼしたときにも便利です。
水を含ませても破れにくいキッチンペーパーであれば、
簡易ウェットティッシュができ、様々なものを拭けます。
ラップは、防災時にも活躍する便利グッズですが、
バーベキューにもお勧めなものです。
お皿をわざわざ洗いに行かなくても、ラップを取り換えるだけで
お皿を何度も使うことができるし、余った食材を持ち帰る場合も役立ちます。
キッチンペーパー、ラップのそれぞれ1ロール持っていくと良いです。

虫よけグッズも持参できると、女子力が高い印象につながります。
最近は、様々な虫よけグッズが販売されており、
オシャレなものもあるし、コンパクトなサイズのものもあり、
自分が好きなグッズを持参すると良いです。
案外、蚊にさされやすい環境へ行くにも関わらず、
虫よけ用品って忘れがちですので、忘れずに持参すると良いです。
また、刺されたときのためにかゆみ止めもあれば便利です。

虫よけ

日ごろ持ち歩いていることが多いと思いますが、
日焼け止めは忘れずに持参してくださいね。
最近は男性でも日焼け止めを使用していると思いますが、
まだまだ女性より使用率は少ないと思います。
バーベキューは、日差しの元でやることが多いため、
相手に使用を提案してみるのも一つですし、
日焼け対策をしている様子が周りに示せるところも女性らしいですよね。

最後に消臭グッズです。
バーベキューは予想以上に衣類へにおいがつきます。
着替えを持参すればいいだけかもしれませんが、
そこまでしていると荷物はたくさんになりますし、
着替えられる場所がないと面倒です。
そんなときは、消臭スプレーを持参して、
スプレーしてから帰宅すると車へのにおいの持ち込みも少なくて済みます。

まとめ

女子力アピールにお勧めしたグッズは、
別にアピールしようとしなくても
バーベキューに便利なおすすめグッズです。

バーベキューは、大人数で実施することもあれば
少人数でも楽しめます。
周囲の人と持参するグッズは確認して用意すると
荷物が偏ることや無駄に多くなることもなく、バランスよく整うはずです。

⇒バーベキュー特集記事のまとめ

スポンサードリンク

 - アウトドア