84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ダッチオーブンを普段使いする人のための洗い方

      2017/03/19

新品のダッチオーブンをおろすための初回シーズニングが不要になり
ダッチオーブンを始めるハードルが下がったのは大きな変化です

ダッチオーブンとスキレットの普段使い

しかしいちど使い始めたら調理後に手入れが必要なことは今も昔も変わりません
ダッチオーブンやスキレットを普段遣いする人が今後ますます増えることを考えれば
ダッチオーブンを日常的にどう洗ってどう手入れするべきかを
あらためてちゃんとを押さえておきましょう

鋳鉄製ダッチオーブンの場合

1中性洗剤で洗わない
2洗浄後は水をふき取り加熱して乾かす
3熱いうちにオイルを全体に伸ばす

といった特殊な手入れを行います

特に1の洗い方で中性洗剤を使うと鋳鉄表面の微細な穴や凹凸を
強固な酸化被膜に育てていた油脂が洗い流され日々の努力が無駄になってしまいます

スポンサードリンク

とは言え料理を作れば脂っこくもなり
水洗いだけではヌルヌルは取れないものです
そんな悩みを解消してくれるのが重曹使っての普段洗いです
水に溶かさず,そのままふりかけて使うのがポイントです

ダッチオーブンの普段使いで使うのは重曹と
普通のたわしもしくは食器洗い用ナイロンスポンジです
中性洗剤やクレンザー、金属たわしは使用してはいけません
重曹は振りかけやすいように大きめ容器に
穴を開けて入れておくと使いやすい
です

ダッチオーブンの普段洗いの手順

1調理後の鍋洗いは熱が冷めてから重層振りかけて始める
2金属でないたわしや食器洗い用スポンジでしっかり洗う
3汚れが取れたらよくすすいでから水を流す
4水気を拭き取ってからダッチオーブンをガス台で加熱する
5水分が飛んだら火を止め、熱いうちにオリーブオイルなどを作全体に塗り広げる

オイルは防サビ目的なら1回で十分だが
ブラックポット目指すなら空焼きして
オイルを塗るのを数回繰り返します

⇒ダッチオーブンの特徴

⇒ダッチオーブンメニュー一覧

スポンサードリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ, 生活の知恵