84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

スキレットで作る簡単おつまみ|麻婆豆腐や山芋ステーキも楽々

   

スキレットは、様々な料理で活用でき、
様々なメニューをうみだすことが可能です。

食事に限らず、おつまみも簡単に出来上がるのが
魅力の一つでもあります。
今回は、お酒大好きな人に対して
麻婆豆腐や山芋ステーキをスキレットで作ってみました。

スポンサードリンク

スキレットは簡単なおつまみも美味しさUP

おつまみに限ったことではありませんが、
美味しくお酒を楽しむときには、
冷たいメニューは冷たく、
温かいメニューは温かい状態で食べられると良いですよね。

アツアツの料理と一緒に
冷たいビールを楽しむのは、最高ですよね。

スキレットは、簡単なメニューであっても
アツアツでそのまま食卓に出せるため、
出来立てを楽しむのがお酒を楽しむときのポイントです。

簡単なおつまみとしては、
餃子を焼くだけでも、いつもと一味違いますし、
麻婆豆腐や山芋ステーキを作ってみるのも楽しめます。

⇒スキレットの美味しい餃子の焼き方について

餃子 スキレット

スキレットで作る麻婆豆腐と山芋ステーキ

<麻婆豆腐>
麻婆豆腐の素で作っても良いですが、
辛さやスパイスの量が変えられるため、
自分の好みで作るのも良いものです。

【材料】2人前
・豆腐(私は木綿豆腐が好みです)
・豚ひき肉100g
・しょうが、にんにく
・ねぎ
・しいたけ
・豆板醤
・鶏ガラスープ
・砂糖
・酒
・しょうゆ
・味噌
・水溶き片栗粉
・花椒(辛いのが好きな方にはおすすめ)

【作り方】
〇豆腐の水切りをします。
 私は、キッチンペーパーで豆腐を包み、
 電子レンジで2分かけると簡単に水切りができます

〇鶏ガラスープ150㏄に酒大さじ2、味噌大さじ1、
しょうゆ大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜておきます。
 私は、砂糖ではなくはちみつを使うことが多いですが、好みで良いです。

〇スキレットに油を入れて、
 弱火でみじん切りにしたにんにくを香りがでるまで炒めます。

〇香りがでてきたら、みじん切りにしたショウガとネギ、しいたけを
 さらに追加して軽く炒めます。

スポンサードリンク

〇豆板醤を小さじ2(辛さが強いのが好みであれば多めがおすすめ)入れて炒めたら、
 豚ひき肉を入れて肉の色が変わるぐらいまで炒めます。

〇混ぜ合わせておいた調味料を入れて、グツグツしてきたら
 豆腐を一口大に崩しながら入れます。

〇弱火で少し煮つつ、水溶き片栗粉を回しいれ、とろみをつけます。

〇最後にお好みでお酢を入れたり、花椒やネギを入れたりしたら出来上がりです。

スキレット 麻婆豆腐

<山芋ステーキ>
私は、すりおろした山いもを使った
ふわふわの山芋ステーキが好みです。

【材料】
・長芋
・めんつゆ
・マヨネーズ
・ネギ
・卵

【作り方】
〇長芋をすりおろします。

〇めんつゆでお好みの濃さの味付けにして
 マヨネーズを少し、細かく切ったネギ、
 卵1個をすりおろした長芋と混ぜます。

〇スキレットに軽く油を塗ったら
 味付けした長芋を入れて焼きます。

〇蓋をして、蒸しながら、
 弱火でじっくり焼きます。

〇スキレットのふちの部分を見て
 焼き色がついて、真ん中がふっくらした感じになったら、
 出来上がりです。

〇ネギやかつおぶしを上にお好みでのせて、仕上げます。
スキレット 山芋ステーキ

まとめ

スキレットは、火の通りが早く
使いこんだスキレットであれば、油が馴染んでいるため、
焦げ付く心配も少ないです。
今まで焦げ付いて困ったことがないのが不思議なものです。

簡単に出来上がって、
そのまま食卓へ出せますので、
おつまみとしても、レベルアップした感じに仕上がります。

スキレットをせっかく手に入れたのであれば、
様々な場面で活用するのがおすすめです。

スポンサードリンク

 - アウトドア, 料理・グルメ