84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

スキレットで朝食がカフェ風に!目玉焼きやフレンチトーストが簡単調理で美味しさUP

      2017/04/22

スキレットでいつもの朝食がカフェ風になるのであれば、
ぜひ挑戦してみようと思いますよね。
さらに目玉焼きやフレンチトーストが
いつもより簡単に美味しくできたら朝から幸せな気分になりますよ。

スポンサードリンク

スキレットで朝食がカフェ風に

スキレットは、小さなフライパンというイメージかもしれませんが、
普通のフライパンと違って、そのまま食卓へ出して活用できる便利な調理器具です。

スキレット

普通のフライパンは、そのまま食卓へ出すには抵抗がありますが、
スキレットはどこかオシャレな感じがして、
いつもの料理がカフェ風に仕上がります。

スキレットはカフェでよく見かける
ワンプレート料理ができるため、
朝から幸せな気分でまったりした気分になります。

1人ずつスキレットを活用してもいいし、
2人暮らしであれば、2人分一緒に作ることもできます。
家族が多いと1つのスキレットでは足りないかもしれませんが、
少人数調理では大活躍できる、便利なものです。

カフェ風に仕上がるメリットから
ブランチにも最適です。

スキレットで朝食メニュー!目玉焼きやフレンチトーストも簡単

スキレットは一度温まると温度が下がりにくく
フライパンよりムラなく火が通ります。

そのため、調理時間が短縮されたり、
美味しさが向上したりするメリットがあります。

忙しい朝には、短時間で仕上がるのは嬉しいです。

目玉焼きを作るとき、白身が予想以上に広がってしまうことがありますが、
スキレットはサイズが小さいため、白身が厚めにふっくらツヤツヤに仕上がります。
時間を具体的に測定したことはありませんが、
フライパンより短時間で仕上がります。
スキレットは、余熱で火が通るため、
いつもより早めに火を止めるのがポイントです。

目玉焼き スキレット

目玉焼きと一緒にウインナーなどの
同時調理も可能です。

もっとカフェ気分を味わいたいと思ったら、
スキレットでフレンチトーストやパンケーキがお勧めです。

フレンチトーストは、パンがフワフワに
ジューシーに仕上がります。
砂糖が適度に焦げて、美味しく食べられます。

一晩卵液につけたパンを
弱火でじっくり焼き上げるのがコツです。

食パンでもフランスパンでも良いですが、
厚めにスライスしたパンがお勧めです。

弱火でバターを焦がさないように溶かします。

スポンサードリンク

スキレット

パンをスキレットに入れます。
余った卵液も一緒に入れてしまって大丈夫です。

スキレット フレンチトースト

蓋をして、弱火で5分程度焼いて、パンを裏返します。
今回は早く裏返しすぎてしまいましたが、
もう少し焦げ目がつくまで焼くと良いです。

スキレット フレンチトースト

裏返したら、さらに5分程度焼いたら出来上がりです。

スキレット フレンチトースト

最後にお好みでメイプルシロップやはちみつなどをかけて
仕上げをして、そのまま食卓へ出して、
アツアツのフレンチトーストを満喫します。

フレンチトースト

砂糖が多めに入った卵液だと焦げやすいため、
最初は様子を見ながら時間調整すると美味しくできます。
焦げることが心配であれば、砂糖を控えめにして、
最後の仕上げのシロップなどで甘さを高めるのも良いです。

好みの甘さ、仕上がり感を探求するのは、
スキレットで美味しくフレンチトーストを食べるために楽しいことです。

⇒スキレットの料理メニュー一覧

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ