84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

飛行機の機内での乾燥対策で旅行を快適に!

   

飛行機の機内での乾燥は、
長時間のフライトになればなるほど
気になってきます。

飛行機での乾燥により、
体調を崩す要因となることもあるため、
旅行を快適に過ごすために
機内での乾燥対策を心がけたいものです。

簡単にできる飛行機の機内での
乾燥対策を紹介します。

スポンサードリンク

飛行機の機内での乾燥対策

飛行機の機内は、予想以上に乾燥しています。

何もせず、機内で過ごしているだけなのに、喉が渇いたり、
飛行機を降りたときに、唇や顔の乾燥を感じたりすることが
起きるのは、機内の乾燥によるものです。

何も対策をせず、長時間のフライトをすると、
旅行先へたどり着いたころには、
唇や顔、髪がパサパサといったことが起きやすくなります。

旅行を快適に過ごすためには、
飛行機の移動中の過ごし方を工夫することが大切です。

狭い機内であり、自分が自由にできるスペースには
限りがありますが、その中でもできることはあります。

ホテルの乾燥対策として、
濡れたバスタオルを室内に干す場合もあると思いますが、
それは機内でも役立つ方法です。
濡らしたタオルを広げてテーブルに置いておく
乾燥対策に役立ちます。

機内が揺れる状態のフライトのときは活用できませんが、
最近見かける水を入れて使用する加湿グッズを
テーブルに置いておくのも良いです。
水を入れれば繰り返し加湿として活用できるため、
ホテルでの乾燥対策にも活用できて便利です。

顔の乾燥対策としては、
飛行機に乗る前と途中で保湿
できると良いです。
途中で保湿するためには、機内に持ち込める100ml以下のサイズで
化粧水や乳液などを用意する必要はありますが、
途中で顔を洗ってさっぱりしたいこともあるし、
ちょっとした化粧品は持ち込んでおくと便利です。
肌のためには、できればスッピンで飛行機に乗る方が良いです。

アイマスクをして寝る人は、
アイマスク前に目元の保湿クリームを塗って寝るのも良いです。
蒸気でアイマスクという商品もありますし、
お好みで持参するとよいです。

スポンサードリンク

髪の乾燥対策を忘れがちですが、
洗い流さないトリートメントが便利です。
事前に洗い流さないトリートメントをつけて乾燥対策になるし、
持ち込めるサイズであれば、途中で再度つけることもできます。

喉の乾燥が辛くなることには、
マスクを着用することが簡単にできるし、
マスクはかさばる荷物でもないし、便利です。

最近はいろいろなマスクが出ていて、
長時間つけていても不快感が少ないものもあるし、
濡れマスクといったものも販売されているため、
お好みのものを持参するのが良いです。

海外旅行が、フライト時間が長くなるわけですが、
海外でマスクを調達しようとすると、
使い心地が悪い場合があるため、日本から持参することをおすすめします。

外からの保湿ばかりをお伝えしていますが、
水分摂取をこまめにすることも心がけると良いです。
水分摂取をこまめにすることによって、
体内の乾燥も防いであげることが大切です。
機内では様々な飲み物が飲めますが、
水分摂取のためには、お水が一番良いです。

まとめ

飛行機の機内で過ごす時間は、
慣れない人にとっては、苦痛に感じることもあると思います。

私は、最初は近場のところへ
飛行機で出かけることが多く、
2~3時間程度の場所が国内外で多かったです。

最初の頃は、乾燥対策にまで気がまわらず、
飛行機を降りると、喉の乾燥による不快感を
感じるという状況でした。

何度か乗るうちに対策をした方が良いと思い、
まずはマスク着用から始め、
長時間フライトを快適に過ごそうと思い、
それ以外にもいろいろとやるようになりました。

旅行によって、体調を崩しやすくなることもありますので、
機内の乾燥対策は、やっておいて損はないです。

人によって、どんな乾燥が気になるか異なると思いますが、
紹介した乾燥対策をお好みに合わせて参考にしてもらい、
快適なフライトが過ごせる助けになればうれしく思います。

スポンサードリンク

 - 旅行