84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

アップルパイの底がサクサクにならない!失敗から分かる成功のコツ

      2017/02/15

アップルパイを手作りしたとき、残念な仕上がりになることありませんか?
例えば、「底のパイ生地がふくらまない」「サクサクにならず、べチャッとなる」
こんな失敗が案外ありますよね。
今回は、失敗体験から、成功のコツを改めて考えてみました。

スポンサードリンク

アップルパイの底がサクサクにならない失敗原因

いつもダッチオーブンを活用して、スイーツも作っています。
ダッチオーブンで作っても、サクサクアップルパイが出来上がります。
⇒ダッチオーブンで簡単サクサクアップルパイの作り方

サクサクに仕上がるのが、普通だった気がしていました。
そのため、つい油断したら、今回は失敗してしまいました。
今回はオーブンで焼いてみました。
おそらく失敗の原因は、ダッチオーブンだろうと、オーブンだろうと共通だと思います。

いつもと同じように冷凍パイシートを活用しました。
そして、表面の焼き上がり具合を見ながら、焼き上げ時間は長めに調整しました。

でも、焼きあがったアップルパイは、底の部分はふくらまず、サクサクどころかべチャッとしていました。
表面上のパイはふっくらサクサクだったのに、非常に残念な仕上がりです。

ここまで失敗したのは初めてでショックを受けました。
今後は失敗せず、成功させるために何がダメだったのか考えてみました。

サクサクにならなかったのは、
タルト型に入れて焼いたこと
火力が弱かったこと
焼く前にパイの温度が上がってしまったこと
が、原因になっていると気づきました。

今までは、タルト型に入れることなく、りんごを包んでパイを焼き上げていました。
今回は、タルト型に挑戦したため、りんごの水分と重みでパイがしっとりしまったようです。
タルト型が紙製だったという点も失敗する要因になったと思います。

さらにタルト型に入れることに気が取られて、その後冷やすのを忘れていました。
パイ生地の温度がいつもより上がってしまった状態で、焼き上げに入ったのが間違いでした。

そして、「我が家のオーブンの出力が強くないこと」「下火が弱めであること」これがダメでした。
底の部分がサクサクに仕上げられなかった原因です。

アップルパイの底もサクサクに仕上げるコツ

原因が分かれば、次からはサクサクに仕上げられるはずです。

スポンサードリンク

高性能のオーブンを使っている場合は別として、
家でやる場合は、
型に入れて焼かない方がサクサクに仕上げられます。
型に入れて作りたい場合は、紙製は避けることをおすすめします。

パイであれば、タルトと違って、型に入れなくても、成型は簡単にできます。
型に入れなくても、まったく問題がありません。

そして、成形に時間がかからず、短時間に仕上がります。
パイ生地の温度も下がることなく、パイ生地とオーブンの温度差がしっかりと出来て、サクッと仕上がります。
出来ることならば、一度冷凍室に入れて冷やしてから焼きあげると良いです。

特に夏場などキッチンが暖かいと、パイ生地も中身のフィリングも温かくなりがちですので、要注意です。
冷凍パイシートの場合、解凍しすぎると扱いにくくなります。
適度に解凍された段階で手早く仕上がるのが良いです。

りんごを煮詰める作業から手作りするときは、りんごの水分はしっかりとばしておくことを忘れずにしてくださいね。
りんごの水分が残っていると、べチャッとなりやすくなります。

家庭にある調理器具の癖を分かった上で、調理することが、大切です。
癖が分かっていれば、温度や焼き上げ時間の調整が簡単です。

レシピどおりに全てが同じにやったから、成功するということではありません。

レシピを参考にしながら、家の状況に合わせて調整するのが、上手に仕上げるコツです。

⇒サクサクアップルパイに再チャレンジ!

まとめ

今回は、サクサクに仕上がらず、残念な気分になりました。

アツアツのパイにチョコレートをのせて、幸せ度のアップをはかりました。
とろけたチョコレートと表面上のサクサクパイと甘いりんごを一緒に食べて、美味しく食べました。

冷凍パイシートは、手軽で便利に使えます。
ピザを焼いてみたり、クロワッサン風にしたり、チョコパイやスイートポテトパイを作ることもできます。
アップルパイ以外にもいろいろと出来るため、活用の幅は結構あります。

今後は、パイのサクサク感が楽しめるように、今回の失敗を活かして、工夫してやっていきたいと思います。

一度失敗したぐらいで断念するのはもったいないです。
試行錯誤しつつ、手作りスイーツを工夫していく過程に楽しみもあります。
めげずにみなさんも挑戦してみてください。

ダッチオーブンを活用すれば、アップルパイなどオーブン料理も出来ます。
アウトドアでも活躍する調理器具ですし、我が家では重宝しています。

⇒ダッチオーブン料理メニュー一覧

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ