84kgから48kgにやせてよかったこと・困ったこと

昔太っていた私がやせてみて気づいたことをかいていきます

ローストポークは意外と簡単!その作り方とオススメソースを紹介します

   

ローストポークは、クリスマスやお正月、誕生日など
おもてなし料理、パーティー料理になるメニューです。

いざ作ろうとしても、
中まで火が通るのか?パサパサになるのではないか?と
色々心配がつきないメニューでもあります。

そんなローストポークですが、
意外と簡単に作れ、さらにジューシーに仕上がります。

スポンサードリンク

ローストポークの簡単な作り方/ソースも一緒にできます

材料

  • 豚バラ肉400~500g(大きめな固まりが良い)
  • 玉ねぎ1個
  • 塩コショウ、乾燥バジル⇒下味用
  • にんにく
  • オリーブオイル
  • ポン酢

作り方

1.豚バラ肉へ塩コショウと乾燥バジルをしっかりめにつけます。
  ローストポークの通常の作り方では、
  下味をつけた後に時間を置くことも多いですが、
  時間をおかなくても大丈夫です。
  一番最初に下味をつける作業をして、残りの作業をやれば十分です。

2.玉ねぎは1.5㎝程度、にんにくは3mm程度と厚めに切ります。

3.ダッチオーブンにオリーブオイルを入れて、
  にんにくの香りがたつまで、炒めます。

4.にんにくは取り出して、ポン酢に入れます。
  これで、おすすめのにんにくポン酢ソースの出来上がりです。
  お好みで最後にトロトロに玉ねぎを入れるのも美味しいです。

にんにくポン酢ソース

5.豚バラ肉に焼き目がつくまで、焼きます。
  最初に焼き目をつけることで、肉汁が外に出ることを防ぎ、
  美味しく仕上げることを助けてくれます。

6.豚バラ肉を取り出し、ダッチオーブンの底に
  玉ねぎを入れて、豚バラ肉を戻します。

スポンサードリンク

7.ダッチオーブンの蓋をして、
  弱火で45分程度したら、出来上がりです。
  ダッチオーブン効果で、肉はパサパサになることはなく、
  ジューシーに仕上がります。
  カロリーは高めになりますが、脂が多い部位の豚肉を使う方が、
  家庭では上手にできます。

ローストポーク

8.お好みの厚さにカットして、
  その日の雰囲気で飾りつければ、パーティー料理にもなります。
  私は、温かいまま食べるのが好きなので、
  ダッチオーブンの蓋を温めて、そのまま鉄板代わりにして食べています。
  カットするには、いつもキッチンばさみを活用しています。

ローストポーク

まとめ

ダッチオーブンを手軽に利用できる家は少ないかもしれませんが、
最初に肉に焼き目をしっかりつけてから焼き上げたり、
弱火でじっくり火を通したりすれば、
時間はかかりますが、簡単にローストポークが出来上がります。

火を入れるのに時間がかかりますが、
肉が焼きあがるまでは待つだけなので、
他のメニューを作ることもできます。

そのため、色々なものを作りたいときは
むしろ楽はできます。
お肉は温かいうちに食べるのがオススメですので、
お肉が焼きあがったら、すぐ食べられる形で
調理を勧めるのが美味しく食べるポイントです。

国産、外国産と色々な豚肉でやってみましたが、
どの豚肉でも美味しく出来上がります。

とは言っても、濃い味をつけるわけではないし、
お肉そのものの味を食べる形になるため、
可能であれば臭みが少ない豚肉を選んで購入すると良いです。

スポンサードリンク

 - 料理・グルメ